心と体

梅雨でも、熱中症になる (熱中症対策)

熱中症といえば、真夏に発症するものと考えられがちですが、梅雨時のような多湿な状況でも、気温の上昇が加われば、熱中症になる危険性は充分にあります。

熱中症についてまとめてみました。

Ⅰ.熱中症の定義

暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって、体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態をいう。

Ⅱ.熱中症のメカニズム

1.人間の体は、気温が体温より高くなると、空気中に熱の自然放出が難しくなるため、発汗し、汗の蒸発によって体温を調節するようになります。

2.ここで、気温が高いだけなら、発汗によって調節できるのですが、気温の他に湿度75%以上の条件が加わってくると、発汗しても、汗が体を流れ落ちるばかりで、ほとんど蒸発しなくなってしまいます。そのため、発汗による体温調節すら、難しくなってしまいます。

3.体温が37度を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとしますが、高温多湿で体温がさらに上昇し、発汗などによって、体の水分量が極端に減少すると、今度は心臓や脳を守るために血管の収縮が始まり、熱が放出できなくなってしまいます。

このように熱中症は、体温調整機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇していく機能障害なのです。

Ⅲ.環境および症状

1.環 境

気温30度以上、湿度70~80%の環境は、熱中症を発症しやすい環境です。

2.症 状

①.軽い熱中症

腹痛、手足や腹筋などの痙攣。

数秒間程度の失神。

脈拍が速くなり、呼吸数の増加。

顔色が悪くなる。

めまいなど。

②.中度の熱中症

頭痛、めまい、失神、吐き気、嘔吐、血圧の低下など。

③.重度の熱中症

意識障害、過呼吸、ショック症状。

全身の臓器の障害が生じ死に至ることもある。

3.その他

熱中症は、自分で「熱中症だ」と感じることはあまりありません。

自分で「熱中症だ」と自覚し始めたときには、ある程度症状が進んでいる状態です。

そして、ひとたび脱水症状に陥ると自力回復が難しくなります。

症状がひどければ命を失います。

Ⅳ.熱中症対策

1.休息・睡眠を十分に取る

疲労の蓄積は集中力の低下につながり、体の機能が正常に働かなくなります。

また、睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。

睡眠時間はだいたい8時間は確保し、生活リズムを整えましょう。

夏場は、暑くて眠れないときもありますが、無理にクーラーや扇風機で冷やし過ぎないようにしましょう。

2.水分と塩分(ミネラル)の補給を適度に行う

のどが渇いていなくても水分は適度に取りましょう。

のどが渇いた状態になっているときでは遅いので、水は携帯しておいてください。

また、発汗によって失われた水分と塩分を補給するためにもスポーツドリンクなどの飲み物を用意しておくと良いです。 → 大塚製薬の「ポカリスエット」

3.服装に気をつける

夏の直射日光を防ぐためにも、外で活動するときには帽子をかぶるようにしましょう。

有害な紫外線を浴びないためにも帽子は必要です。

服の色は、白めの服装が良いとされています。

白い色は熱を吸収しにくいためです。

反対に黒い服装は避けるようにします。

4.涼しい場所を確保しましょう

直射日光は避けて、日陰になっているような涼しい場所にいましょう。

通風を確保することも大切です。作業服にも通風に優れたものが売ってあります。

家の周りに水をまいて、水の気化熱を利用して体温を下げるのも効果的です。

5.複数人で行動しましょう

天気予報を見て気温が上がりそうな場合は、単独で行動せずに複数人で行動するようにしましょう。1人の場合、異常をきたしたときに発見が遅れます。

6.熱中症は室内でも起こり得る

高温、多湿の条件を満たせば、室内でも熱中症になります。

室内を適温適湿にすることです。

室内の適温は夏25℃前後、冬20℃前後が、適湿は60%前後が目安です。

体温調節機能にとどめをさす、湿度には特に注意しましょう。室内の湿度が高いケースでは、温度が25度でも熱中症になる場合があります。

Ⅴ.熱中症時の大急処置

1.患者を日陰やクーラーの効いたところなどの涼しい場所に運び、衣服を緩める

近くに涼しい場所がないときは、うちわなどで扇いで患者を冷やす。

2.体を冷やします

方法は、霧吹きで水を浴びせて水の気化熱によって冷やします。

一気に水をかけるとショックが大きいのでやってはいけません。

アイスノン、氷枕、缶ジュースを用意して脇の下、首、股など動脈のある部分を冷やすようにします。

3.熱中症が疑われる場合は、水分だけでなく塩分(ミネラル)も不足しているので、塩分を補給する

スポーツドリンクでミネラルは回復できますが、脱水時に飲ませすぎると低ナトリウム血症が起こる場合があります。

そのため、塩を直接舐めさせるなどして塩分を補給することが必要です。

4.少しでも熱中症と疑われる場合は、すぐに救急車を呼び病院に連れて行きます

意識障害が起こり重度であると死にいたるケースもあるので迷わずに119番に連絡します。

Ⅵ.携帯式「熱中症計」

Photo 最後に、携帯式「熱中症計」を紹介します(6月20日 中日新聞記事より)。

日本気象協会(東京)は、熱中症の危険度を5段階で知らせる携帯式の「熱中症計」を開発した。

熱中症が猛威を振るう夏本番を前に、6月26日から販売する。

気温と湿度を自動計測し、熱中症発症の可能性を示す指標値を算出。

「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5つのランクで、ランプを点灯させて知らせる。

「危険」は外出を避けるのが望ましいレベルで、「厳重警戒」以上になるとブザーも鳴る。

大きさは縦6.5センチ、横4.5センチ、厚さ1.5センチ、重さ20グラムで、子どもの手のひらにも乗るサイズ。

画面には気温湿度も表示される(写真:日本気象協会より)。

担当者は「毎年多くの人が熱中症で病院に運ばれたり、亡くなったりしており、対策は待ったなし。気軽に持ち歩いて予防に役立ててほしい」と話している。

1個1050円で、気象協会の支社や支店で販売するほか、ホームページでも注文を受け付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これって、もしかして5月病?

私が社会人1年目だった時を振り返ってみると「5月病」には縁が無かった。同じ部署の女性チーフから「普通、入社して1ヶ月後ぐらいに疲れがどっと出て休んじゃったりするのに、大丈夫なの?」と言われたことを覚えている。

高速道路1,000円で渋滞ニュースが報道されたゴールデンウィークも終わり、休み疲れと思いきやなんか回復しない、仕事のミスが多いなんて場合は、もしかして、5月病?なんていう新入社員がいるかもしれない。

五月病というのは、「適応障害」というべき種類のもので、「うつ病」とは少々違う。

社会的な環境にうまく適応できないために、心身に色々な偏重があらわれ、生活に支障をきたす適応障害。

1.症 状

①.ある種の虚脱感で気分が落ち込み、何事にも関心(興味)が持てず、無気力になる。

②.集中力がない。→ 仕事でミスが目立つ

③.食欲や性欲も低下する。

④.不眠になる。

⑤.頭痛や吐き気、動悸がする。

といった症状を訴えることがあります。しかし、検査をしても何も異常が認められません。

2.五月病にかかりやすい傾向の人(性格面)

①.内向性で孤立しやすい人。

②.完璧主義で物事にこだわる人

③.優等生タイプ

④.過保護に育てられた人

などがあります。

3.対処法

①.好きな音楽を聞いたり、趣味を楽しんだり、スポーツしたり、友達とおしゃべりしたりと、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大事。

②.小さくても目標を見つけること。→ 仕事を一気に片付けようとせず、部分で到達点を設定し、小さな達成感を積み重ねていく。

③.症状が重い感じがする場合は、カウンセリングを受ける。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

体の疲れの3要因

極端に運動不足というわけでもなく、睡眠時間も7時間程度取ることが出来ているのに、眠さから開放されないということがある。

要は、体の疲れが抜けていない状態である。

原因として考えられるものは、3つほどある。

①体が酸化している、②基礎代謝が低下している、③ストレスが溜まっている

①体が酸化している

乳酸が筋肉に溜まることで 疲れを感じる。

乳酸解消には、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動が良い。

②基礎代謝が低下している

エネルギー代謝は、「炭水化物」と「ビタミン」を材料にして行われているので、これらが不足すると基礎代謝がうまくいかなくなり、疲労感が残る。

炭水化物は、お米やパンで取れるけど、ビタミンは、まとめてとりにくいので、ビタミンのサプリで補うと良い。

③ストレスの溜まっている

仕事でも、プライベートでも、何らかの社会的、心理的なストレスに日々さらされているものである。

ストレス解消には、自分の好きなことをやりましょう。(カラオケ、ショッピング、趣味、スポーツ、ドライブ、お笑いのDVDを観るなど)

(補足)

・睡眠の工夫

疲れていても、寝すぎない。

休日の2度寝や朝寝坊をしないようにし、適度な睡眠時間を守り、体内時計が狂わないようにする。体内時計のズレを感じたら朝日を浴びましょう。

・栄養補給の工夫

疲れたからといって、甘いお菓子や飲み物の取りすぎは、ビタミンB群の不足を招き、疲労感につながる。また、体が糖分過剰だと判断すると、すい臓からインスリンがでて、低血糖にしようと調整機能がはたらくので、低血糖による「なんだか眠いよ」状態が続きやすくなる。

糖分の取りすぎに注意して、ビタミンのサプリで栄養を補う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめられている側が悪いのか?(劣等感)

いじめられている側が悪いのか?、いじめている側悪いのか?、といった場合、「いじめられている側にも原因があるんだ。」といじめている側は、よく主張する。

そこで、いじめている側に、「どういう理由でいじめているのか答えてくれ。」というと、答えようとしない。もしくは、「原因は、お前にあるんだ。」という捨て台詞が返ってくる。

いじめの本質は、いじめられている側に何か問題があるというよりも、いじめている側の「心」や「精神性」に問題があるケースが多いのである。

答えられないことを根拠にいじめているケースがほとんどで、その根拠とは、おおよそ、自分といじめている相手を比較して、相手の中に、自分の自尊心や優越心を上回る要素を見つけ、嫉妬や妬みなどの劣等感を抱き、自分の中で処理しきれない気持ちの矛先を相手に向けているだけというもの。

また、相手の中に欠点を見つけて、馬鹿にしたり嫌がらせをしたりして、自分の自尊心や優越心を守るといったようなものである。

だから、加害者側に、理由を問いただしても、「お前に劣等感を感じているから、いじめているんだ。」などという情けない理由を答えることが出来ない。

だから、いじめられている人たちに言いたいことは、いじめている側の人間は、「精神性が非常に幼稚である。」ことをしっかり認識して、毅然とした態度で、いじめてきている人間に臨む必要があるということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)