« 『読書の秋』 | トップページ | 人に対する好き嫌いの本質 »

やっぱり、ボジティブ・シンキングにかぎる。

ノースカロライナ州立大学心理学部のヘス博士らは、60-82歳の男女約100人に集まってもらい、記憶学習テストを行った。

この際、被験者をランダムに2つのグループに分け、一方のグループには、「年をとると記憶力が悪くなる」という情報を与え、もう一つのグループには、「今回の記憶テストの成績に年齢は関係ない」という情報を与えた。

テストの結果、驚くべきことに、全く同じテストを行ったにもかかわらず、「年をとると記憶力が悪くなる」という情報を聞いたグループのほうが、テストの成績が悪かったというのだ。

このことから、「年をとると記憶力が悪くなる」と考えると、実際の記憶力も悪くなる可能性があるということが考えられる。

さらに興味深いことに、このネガティブな影響は、高学歴な人ほど大きかったという。

つまり、学歴が高い人のほうが、「年をとると記憶力が低下する」と考えることによって実際の記憶力も悪くなりやすいということだ。

最後にヘス博士は、年をとると記憶力が悪くなるのは、人間に本来備わっている性質に加えて、社会的な影響によるものが大きいのではないかとしている。

ボクが思うに「記憶力が悪くなった」と考えてしまうときというのは、試験などで何かを意識的に半ば強制的にものを覚えているときだと思います。

普段の生活では、意識せずとも周りの状況を観察していて、「そういえばあの時」なんて思うことがあったりします。別に意識したことでなくても、何気なくでも気にしたことを記憶しているものです。

やっぱり、ポジティブ・シンキングでいかなあかん!

|

« 『読書の秋』 | トップページ | 人に対する好き嫌いの本質 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31617839

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、ボジティブ・シンキングにかぎる。:

« 『読書の秋』 | トップページ | 人に対する好き嫌いの本質 »