« 人に対する好き嫌いの本質 | トップページ | ときには、人に頼って自分を支えることも大事かな »

「カロリーゼロ」に踊らされない。

毎日飲み続けると「カロリーゼロのソフトドリンクも普通のソフトドリンクと同じように健康上の危険につながる」という研究結果がある。

1日1缶以上飲む人は、メタボリックシンドロームのリスクが44%高く、普通のカロリーでもカロリーゼロでもリスクの変化は見られなかったということである。

この記事は米総合情報サービス「ブルームバーグ」が2007年7月23日にニュース欄で報じたもので、記事によると、研究結果はボストン大学の研究者らがまとめた。

ボストン郊外の住民のライフスタイルを何十年も観察し、うち6,000人以上について平均4年以上、ソフトドリンクの健康への影響を分析した。

分析の結果は、ソーダ類を日常的に飲む人は、高血糖値や肥満などのメタボリックシンドロームの要素を悪化させることが分かった。としている。

記事の中で、研究に携わった米ボストン大学の循環器学者、ラマチャンドラン・バサン氏は、「普通のソーダでもダイエットソーダでも違いはほとんどなかった」と述べている。

この記事では反論も掲載しており、米国の飲料関係団体の幹部が「この研究は、普通のソフトドリンクについてもダイエットソフトドリンクについても、何ら心臓病の危険が上昇することを証明していない」としている。また、飲料メーカー関係者の「信じがたい」という声も伝えている。

もっとも「研究者自身も、カロリーがないダイエットドリンクが健康リスクを上昇させることに驚いている」とも伝えており、「ダイエットドリンクについて将来的に調査が必要だ」とか「普通のものとダイエットタイプのものとに違いがないという結果には困惑している」という「弱気」な分析も書かれており、どうもすっきりしていない。

この記事を見た限りでは、「カロリーゼロ」と表示している商品のすべてが「カロリーゼロ」ではないようですね。

日本の基準では、100ミリリットルあたり5キロカロリー未満であれば「カロリーゼロ」「ノンカロリー」という表示が認められています(健康増進法に基づく「栄養表示基準」で定められていて、国連も作成に関係した世界的な基準に従っている「世界標準」だそうだです)。

素人考えですが、人間の脳のあいまいさを考えると、人口甘味料で甘みを認識した脳が通常の糖分を摂取したときと同じ反応を示して、臓器に指令を送れば太ってしまうこともあると思うし、カロリーゼロでカロリーを控えたつもりでも、結局、別の食べ物で糖分不足を補給していれば、ゼロカロリー商品を摂っているのに変化ないじゃないかということになりますよね。

カロリーゼロ飲料をとるくらいなら、普通の食事して、お茶で水分補給した方が健康的な気がします。

|

« 人に対する好き嫌いの本質 | トップページ | ときには、人に頼って自分を支えることも大事かな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31644500

この記事へのトラックバック一覧です: 「カロリーゼロ」に踊らされない。:

« 人に対する好き嫌いの本質 | トップページ | ときには、人に頼って自分を支えることも大事かな »