« メタボ予防で1日のカロリーを100kcalカット! | トップページ | 歯磨きで頭頸部・食道がんのリスク減 »

人の災難を喜ぶいじめっ子の脳

脳のfMRIスキャンを使用した研究によると、すぐにけんかを始める、うそをつく、物を壊してハシャグ、そんないじめっ子の脳には、他人の苦しみを見ると喜びを感じる回路が備わっているかもしれないということである。

研究チームのシカゴ大学の心理学者ベンジャミン・レイヒー氏は、「この発見は予想外だった」と話している。

研究チームでは、いじめっ子は他人の苦痛を目撃したときになんの反応も見せないだろうと予想していた。

なぜなら、彼らは冷酷で感情を高ぶらせることがないために、例えば良心の呵責(かしゃく)を感じること無くおやつ代を盗むことができると考えていたのだ。

レイヒー氏は、「人が他人の苦痛を目にすると自身が苦痛を経験したときと同じ脳内領域が光ることが、これまでの研究で判明していた。感情移入を示す反応だ」と話している。

研究では、いじめっ子の脳のは、該当領域がさらに活発に活動を行っていることが判明したのだ。

しかし、いじめっ子が示す感情移入反応は、報酬や喜びに関係すると考えられている脳の扁桃体(へんとうたい)や腹側線条体(ふくそくせんじょうたい)の活動によって、歪められたものだと思われる。

「つまり、いじめっ子は人の苦痛を見るのが好きだと考えられ、この考えが正しい場合、彼らは弱い者いじめをして他人を攻撃するたびに心理的な報酬を受けとっていて反応の強化が進んでいる。」というのである。

検査では、つま先に金づちが落ちるシーンなど不慮の事故を描くものと、ピアノの演奏中にふたを閉め演奏者の指を挟むシーンなど意図的な行為を描くものが含まれるねど苦痛の状況を描く短いビデオ映像数本をいじめっ子グループに見せて、脳のfMRIスキャンを行った。

結果、喜びに関係する脳内領域と、苦痛に関係する脳内領域の活動が判明し、さらに感情の統制に関係する脳内のある部位が、いじめっ子の脳では活動していないことが明らかになった。

言い換えると、いじめっ子は、例えば昼食の列に並んでいるときに子どもが誤ってぶつかってきた場合などに自分を抑制するメカニズムを欠いていることになる(なんだ、この野郎と殴りかねないということ)。

レイヒー氏は、「いじめっ子が自己制御を欠いているのは事実だと考えているし、他人を傷付けるたびに心理的な報酬を受け取り、反応の強化が進む可能性がある。自己制御を欠いている点を処置する、あるいは埋め合わせる治療法を開発する必要があるだろう。」と語っている。

以上、National Geographic News(November 7, 2008)を要約

レイヒー氏の見解で見る限り、「いじめっ子は自己制御を欠いた部分を補う治療が必要」ということになる。

つまり、精神のコントロールがある部分で破綻しているということになりはしないだろうか?

昔、「いじめをやるヤツは頭が足りないんだ。」と教師が言っていたが、なんか、裏付けられたような気がする。

|

« メタボ予防で1日のカロリーを100kcalカット! | トップページ | 歯磨きで頭頸部・食道がんのリスク減 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31841032

この記事へのトラックバック一覧です: 人の災難を喜ぶいじめっ子の脳:

« メタボ予防で1日のカロリーを100kcalカット! | トップページ | 歯磨きで頭頸部・食道がんのリスク減 »