« D言葉 | トップページ | やっぱり『自信』が大事!! »

「成婚率」の計算方法に隠れたトリック

結婚相談所のホームページでよく見かける「成婚率」という言葉。

中には「成婚率50%!」という高い数字を掲げている相談所も見られるが、その「成婚率」の計算方法にはトリックが隠されている。

結婚相談所業界では、会員同士が婚約をした時点で「成婚」とみなす。そして、成婚が決まった会員は、相談所に成婚料を払って退会をするのが一般的だ。

普通に考えると、「成婚率」と聞けば、全会員のうち何%が成婚したかの数字のような気がする。

しかし、現在多くの結婚相談所で用いられている成婚率の出し方は、「その月の成婚者数÷その月の退会者数」なのだという。

つまり、成婚率とは、その相談所の会員の何%が結婚しているのかではなく、退会していった会員のうち、何%が結婚して退会したのかという数字なのだ。逆に言えば、「成婚率50%」の結婚相談所は、50%の会員は相手が見つからずに退会をしているということになる。

「この成婚率の計算方法は元々、何万人というい会員を抱える大手結婚相談所が使い出したと言われています。会員数が多い大手相談所の場合、馬鹿正直に会員数に対する成婚者の割合を発表すると、10%にも満たなくなってしまうでしょう。そこで、やめていった会員の中での成婚者の割合を、『成婚率』として独自に定めた。」ということらしい。

この計算方法を小さな相談所が取り入れた場合に、成婚率が高い数字となるのは当然のこと。成婚率が高いからといって、その相談所を過信するのは要注意。

まあ、学校の数学の以外、世間で表に出されている計算には、何らかのトリックはあるものです。

結局、同じ資料を使っても、望んでいる結果に合わせて、数字が操作されたらそれまでということなんですね(笑)

|

« D言葉 | トップページ | やっぱり『自信』が大事!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31419265

この記事へのトラックバック一覧です: 「成婚率」の計算方法に隠れたトリック:

« D言葉 | トップページ | やっぱり『自信』が大事!! »