« 言えなかったもどかしさを利用する。 | トップページ | 9月3日は「ドラえもん」の誕生日! »

英語学習は、オウムになってはいけない・・・

英語を正しい音声で覚えていて英語が聞き取れてもその音声がイメージや概念と一致していないと結局 意味がよく判らないことに・・・

よくネイティブスピーカーの後に同じようにくりかえして言うことはできるのだけど、意味がわからないというケースは、まさにこれ。

くりかえして言えてもその意味がわからなければ、ただのリピート再生機、それともオウム?

いままで英語学習は、「わかる」、「理解する」ということを日本語にたよっている。

たしかに返り読みこそしていないケースでも、英語を日本語に訳して、理解するという方法になってしまっている人は多いはず。

イメージで理解すべき言葉を訳すことで理解してきてしまっては、会話の速度にはついていけない。

|

« 言えなかったもどかしさを利用する。 | トップページ | 9月3日は「ドラえもん」の誕生日! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31212415

この記事へのトラックバック一覧です: 英語学習は、オウムになってはいけない・・・:

« 言えなかったもどかしさを利用する。 | トップページ | 9月3日は「ドラえもん」の誕生日! »