« コーチ! 教えて・・・ | トップページ | 「メンタルブロック」を逆手にとる »

18歳成人の意義ってなんだ?

成人となる年齢を現在の20歳から18歳に引き下げる民法改正についての検討をしてきた法制審議会の民法成年年齢部会は、2009年7月29日、成人年齢を18歳に引き下げるのが適当とする最終報告書を取りまとめた。

報告書では、18歳から可能にするものとして、投票、親の同意なしでの結婚・契約、などをあげ、扱いを別途検討するものとして、飲酒、喫煙、国民年金強制加入、少年法適用などの年齢をあげている。

でも、成人年齢を18歳に引き下げようとする議論のキッカケは、新しく成立した「国民投票法」が投票年齢を18歳以上に定めたことにあるんです。

それにともなって、成人年齢を引き下げなければ、ある意味ツジツマが合わないという訳です。

ホント誰のための成人年齢の引き下げなのでしょうか?

国民のための引き下げに感じられないのは何故なんでしょう?

ただ、国際的にみるとサミット参加国で20歳を成人年齢としているのは日本だけで、他のサミット諸国は18歳を成人年齢としています。OECD(経済協力機構)に加盟する30ヵ国の中でも、20歳を成人とするのは日本だけで、韓国の19歳を除けば、他の国は18歳を成人としているんだよね。

国際的には18歳成人が標準。

まあ、日本で18歳成人が議論されるのは、何も不思議なことじゃないんだけど、なんか釈然としないんだよね。

欧米では、1960年代から1970年代にかけて起こった青年たちの政治への意識と活動の高まりが影響して成人年齢が18歳に引き下げられた。ちょうど日本も東大紛争(都会のオアシス☆参照)に代表される学生運動が盛んな時代で若者の政治意識は非常に高まりを見せた。でも、日本は、このとき成人年齢(選挙権が与えられる年齢)の引き下げは行わなかった。

余談ですが、今朝(8月11日)の静岡地震で東名高速の一部が隆起したり、崩落したりしたけど、なんか高速道路1000円などという、なり振り構わぬ政府のやり方に対して、自然までもが怒り、日本の大動脈に天罰をくらわせたんじゃなかろうかと思えてしまったのは、何故じゃろう・・・

|

« コーチ! 教えて・・・ | トップページ | 「メンタルブロック」を逆手にとる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30924407

この記事へのトラックバック一覧です: 18歳成人の意義ってなんだ?:

« コーチ! 教えて・・・ | トップページ | 「メンタルブロック」を逆手にとる »