« 明日はいよいよ衆院総選挙 | トップページ | 衆院選挙に地震に台風、何の前触れ?? »

思ったとおりの結果 (衆議院議員総選挙)

今回の衆議院議員総選挙は、予想通りの結果になったね。

少なくとも、弱者を救えない自由民主党に対する国民の怒りと遺恨と軽蔑心が表れた形となったのではないか?

自民党議員の中には、今回の結果を単に自民党に対するお灸だと甘く考えている議員がいるけど、それは、とんだ間抜けな議員だと思う。

今回の国民の意思は、お灸を通り越した、自民党の実質的な解党要求だと心するべきなんじゃない?

一方、政権政党となる民主党は、はたして、どこまでできるのか?、それは正直言って未知数である。

しかし、民主党が主張してきたことを、ちゃっかり自民党が横取りして政策に取り込んできた例もあるから、それ相応の政権運営が民主党にできることを期待したい。

いままで政権政党になったことが無いからダメでしたでは許されないことを肝に命じるべきだと思う。

政権政党となった民主党と官僚(霞ヶ関)がどのようなバランス関係になるのか?

「政権が代わっても、旧態依然のままじゃないか?」と国民を失望させるか否か?

また、どんな組閣(内閣)となるのか?

どんな政治が行われていくのか?

国民として見ていこうと思う。

ただ、民主党は確かに政権政党になったけど、民主党に投票した有権者の中で、事前に民主党のマニュフェストを読んだ人がどれだけいたのだろうか?

一説には、各政党が出しているマニュフェストを読んだのは有権者の5%程度で、あとは、時流に乗って投票した人達という話もある。一種のファッション(流行)感覚で無いことを願う次第である。

|

« 明日はいよいよ衆院総選挙 | トップページ | 衆院選挙に地震に台風、何の前触れ?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31171147

この記事へのトラックバック一覧です: 思ったとおりの結果 (衆議院議員総選挙):

« 明日はいよいよ衆院総選挙 | トップページ | 衆院選挙に地震に台風、何の前触れ?? »