« 量から、質へ! | トップページ | 太る14の習慣 (2) »

太る14の習慣 (1)

海外の調査で、「体を太らせる14の習慣」がまとめられていた。

まずは、14習慣のうちの前半7つの習慣をみてみましょう。

7つの習慣だけでも、思い当たるところがあったりします。

1. テレビを見る

最近の調査によると、1日に2時間テレビを見る人と30分見る人では、前者の人のほうが体重増加傾向にあるようです。テレビを見ている間は、ほとんど動かなくてもよいことから血圧、新陳代謝などが低下し、1時間あたり2〜30カロリーの消費が減ります。ハーバード大学の調査によると、子供の食べる量とテレビを見る量には相関関係があることが示されています。

2. 食べるのが早い

現代人の癖とも言えるようですが、脳が満腹のシグナルを伝達するのに15〜20分はかかるので、早く食べると満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうのです。

3. ながらの間食

何かをしながらの間食のことですが、PCをしながら、テレビをしながら、運転をしながら、電話をしながら、料理をしながら、こう言ったスタイルの食べ方は肥満のチャンスを増大させます。

4. 頻繁なファーストフード

忙しすぎたりストレスでいっぱいだと、料理をする時間が持てないかもしれません。しかしながら、飽和脂肪が高く繊維質の低いファーストフードに頼ってしまうと、体重を増加させる原因になります。

5. 食事で感情コントロール

お腹が空いたからではなく、感情に従って食べてしまうことがあります。専門家によると75%の食べすぎはこの感情からくるものであるとの見積もりが出ています。

6. 忙しすぎて運動をする暇がない

びっしりつまったスケジュールを考えると、運動はしなければいけないリストの最後に来る人が大半のようです。

7. 太った友人を持つ

イギリスの雑誌によると、肥満は社会的に伝染する結果が出たそうです。12000人の32歳以上を調査した結果、太った友人、兄弟、パートナーなどを持つことによって、自分が肥満になる可能性は37〜57%も上昇するそうです。

1つ目のテレビは、2時間なんて普通な気がしますけど、洋画劇場なんか見たらアウト?、ニュースでもそうなるんでしょうかね?

4つ目のファーストフードは、確かに単品でもカロリーが高いものが多いから、わかる気がしますけど。アメリカでは、寿司ブーム、和食ブームのおかげで、外国の人達が機用にお箸を使っている光景も珍しくなくなりました。反対に日本では、ファーストフード、洋食が多くなり、大腸癌が増えていたりします。

7つ目の太った友人は、類は友を呼ぶ!なの??(ぎょぎょ!!)、でも、太ってる友人いますけどあんまり関係ない気がしますね。

|

« 量から、質へ! | トップページ | 太る14の習慣 (2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/31104689

この記事へのトラックバック一覧です: 太る14の習慣 (1):

« 量から、質へ! | トップページ | 太る14の習慣 (2) »