« ナマ足派、パンスト派 | トップページ | やる気のスイッチ! »

KYな親によって、KYな子が育つ

現在47都道府県を周る旅の最中の元サッカー日本代表の中田英寿さんは、nakata.net「Hide's Mail」 の2009.7.30の記事で人々のモラルについて語っている。8月1日のアメーバニュースにも取り上げられているけどnakata.net「Hide's Mail」の記事で、内容をみてみると

----------

最後に先日の話。新幹線に乗っているときに、1人の子供が車両の中を騒ぎながら走り回っていた。両親はその子を注意するわけでもなく、普通に席に座っている。どう考えても、その子供は周りの乗客に、多大な迷惑を掛けていた。が、両親は他人のように、子供に注意もしないし、他の乗客も注意しようとしない。俺が子供の頃だったら、何か悪さをしたり、公共の場で周りに迷惑を掛けていたら、知らない人にも普通に怒られたような記憶がある。でも、現在ではそういうこともなくなったのかな~。結局俺が、子供に注意したけど聞かなかったので、その両親に言いに行き、どうにか子供は静かになった。

でも、こういう事って、最近は本当に多い。 (中略) 大きな意味で社会の中での“教育”や礼儀というものが、最近はおろそかになってきていると思う。今、こんな社会だからこそ、他人を気遣う、尊敬する、ということがより大事だと思う。そう思っているのは、俺だけなのだろうか?? 俺が年をとったのかな?
ひで

----------

となっている。

まず、そう思っているのは、中田さんだけじゃありません。わたしもそう思っています。

この例に漏れず、ショッピングセンターでもよく子供がギャーギャー騒ぎながら店舗の通路を走り回っていて、他のお客さんにぶつかったりしているのに、親が何一つ注意しないで済ませている状況を見かける。

この状態って、周りの迷惑を考えていない最大のKY(空気読めない)だと思うね。

わたしは、この光景で騒いでいる子供に罪は無いと思う。なぜなら、騒いでいることが周りに迷惑をかけることだと教育していない親が問題の根っこだと思うから。

親に言わせりゃ、「放任主義なんです!」って感じなんだろうけど、公共の場でのマナーをわきまえさせるなど、最低限のマナーや礼儀の教育を親が自分の子にしないことも放任主義」の意味に含まれているとしたら、それは、「放任主義」なんてものじゃなく「単なるいい加減」「親が親の義務を果たしていない」ってことだよね。

以前、「ずいぶんしっかりしてるね!」って、ある子に言ったら、「ボクがちゃんとしないと親がいい加減な人と思われて、親に恥をかかせていることになるから」と言ったのを聞いて、この子は「自分の行いの良し悪しが、自分だけじゃなく親や他の人にも迷惑をかけることになる」と自覚があるんだと感心したことがあった。この子のように、世の中、気持ちや行動で人を思いやれる子ばかりだと、中田さんやわたしが感じる「なんか、変?」は無くなっていくだろうね。

昔は、向こう三軒両隣というくらい、近所のおばちゃんが普通に他人の子に注意している姿が見かけられたものだ。わたしも幼少のころに、近所のおばちゃんに怒られて、親がそれに気がついて、「すいません、注意してくれて、ありがとうございました。」なんてやり取りがあったものだ。

でも、今は小学生が刃物を平気で所持している時代。下手に注意でもしようものなら、「グサッ!」なんて事にもなりかねない。だから、周りの人も、安易に注意できないという感じのほうが強いのだと思う。

銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)の改正が平成21年1月5日に施行されて、刃渡り5.5センチ以上の刃物の所持が禁止になったけど、法で規制しても持つヤツは平気で持っている。

銃刀法に限らず、いままで規制しなくてよかったことを規制しなければならなくなった最大の原因って、モラルの低下ですよね。モラルの向上政策なく、いくら法の規制を強化してもイタチゴッコな気がしますがね・・・

長くなったので、この辺で・・・

|

« ナマ足派、パンスト派 | トップページ | やる気のスイッチ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30807615

この記事へのトラックバック一覧です: KYな親によって、KYな子が育つ:

« ナマ足派、パンスト派 | トップページ | やる気のスイッチ! »