« 記憶の壁 | トップページ | コーチ! 教えて・・・ »

英会話にとっての英文法ってなんだろう・・・

受験時期に英文法書を1冊に絞り込んで繰り返すことで文法を身につけたが、如何せんその時からだいぶ時間が経っている。

英文法の学習で、「やり方が同じだ」と思ったのが、タレントの三浦奈保子さんでした。彼女も英文法は、文法書1冊を徹底的にやったとのこと(三浦さんのブログに書かれている)。

英文法に限らず、世間で売られている参考書の内容は、最低でも70%~80%程度はオバーラップするのである。あとは、記述が詳しくか、標準的な内容か、ただ羅列されているだけの駄作か、の違いである。駄作はよほどじゃないとお目にかからないけど・・・

自分の現状の学力に応じた参考書をひとまず徹底的に潰してみる。これが一番効果を上げる近道であると思う。

ただ、英会話という視点で英文法を見た場合に、受験用の英文法参考書が適切かどうかは、いまいち疑問が残るところである。

英文法の参考書は、解説辞典的な使用にとどめ、会話文を通じて、必要な英文法を再点検するほうが近い道な感じがする。

英作文、文法確認、発音(発声)の感じかな?やっぱり・・・

このブログで、読んだ英語学習関係の本の一部を記事で書いたけど、このどれを使うかは別としても、楽しみながら、少々時間をかけて勉強してみようかな・・・

|

« 記憶の壁 | トップページ | コーチ! 教えて・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30897912

この記事へのトラックバック一覧です: 英会話にとっての英文法ってなんだろう・・・:

« 記憶の壁 | トップページ | コーチ! 教えて・・・ »