« 深層心理 | トップページ | 信念の力 »

どっちが難しい?

「東大合格と富裕層、どっちが難しい?」という YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)の記事でホリエモンの面白いコメントを見つけた。

【 記事引用 】

堀江氏いわく、「どちらが難しいかは、わからないですね。富裕層にはなれても、東大には入れない人も多い。違う才能がいるのかもしれない。大学に入るのもコツがあるし、富裕層になるのもコツがあると思う。富裕層になるには、種銭があんまりいらない商売をやること。少ない資本で利益率が高い商売が一番よくて、それは時代によって変わります。」

そもそも、堀江氏は東大に入る意味自体に疑問を持っているよう。

「不公平だと思ったのは、東大に入るのと慶應に入るのは難しさの度合いが全然違うのに、金メダルとそれ以外くらい違うのに、就職したら東大も慶應も同じじゃないですか。同じ土俵に立たされるのに、なんでみんな一生懸命東大に入るんですかね。意味ないし、バカみたいだと僕は思った。高校卒業して、そのまま就職しちゃえばいいと思います。」(堀江氏)

 東大に入って何をやるのか、なんで会社に入るのか、せっかく東大に入っているのになんでみんな就職活動をやる必要があるのか……。そんな様々な要素を考えた結果、堀江氏は東大中退を選んだようです。そして、その後の彼の人生は誰もが知るところ。実際彼にとっても、東大に入るより、大金を稼ぐこと、富裕層になることの方がずっと難しかったのではないでしょうか。

記事アドレス http://media.yucasee.jp/posts/index/418?oa=ymb6048

【 引用終了 】

まずは、ホリエモンらしいコメントだと思う。

このアンケートは、東大卒50人を対象とした回答だから、どちらが難しいか?の比較は、やりやすいかもしれない(東大合格は成し遂げている訳だから)。

東大卒でもない、富裕層でもないとなれば、「どちらが難しいか」と問われれば、様々な答えが返ってきそうだ。世の中には、学歴はなくても、実業で成功している方はたくさんいるし・・・

未知の問題を研究している学者さんの場合を除いて、学生の勉強は、正しいやり方ができていれば、結果がついてくる。

一方、富裕層(いわゆる金持ち)になるのに、正しいやり方なんて、特定できないと思う。FXでうまく儲ける主婦もいれば、世の中の時流を読み、実業で成功してお金持ちになる人もいる。

これは余談だけど、変な話、公務員になって、渡り歩いて、退職金を何回ももらうというような、曲がった形の金持ちもいる。ただ、公務員の俸給が民間給与より高いような状態をいつまでも続けていたら、民間が疲弊し、国の衰退につながっていくことは間違いない。頭でっかちの組織を支え切れる訳が無い。その顕著な例は、公務員が無駄遣いの限りを尽くした挙句の年金支給額の低下だと思うが・・・

さて、どうお考えになりますか?

|

« 深層心理 | トップページ | 信念の力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30280187

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが難しい?:

« 深層心理 | トップページ | 信念の力 »