« 遠くの雷に油断してはいけない | トップページ | 雨が降れば・・・ »

IC運転免許証

2007年1月4日から、運転免許証がIC化されているが、自分の免許証はIC化以前に更新時期がきたので、まだ、IC免許証になっていない。

先日、友人のIC免許証の現物を見たばかりである。

運転免許証の更新手続きに、暗証番号申告用紙なるものが追加され、更新手続の流れが変わっている。免許証の交付手数料はIC分として従来よりも450円高い。

IC化は、偽造免許証の防止を目的に導入されたものである。

免許証の表面に記載されている内容はICチップに記録され、その内容はICカード読み取り装置に暗証番号を入力しないと見ることができない。

暗証番号については、4ケタの暗証番号を2組登録する。2組の暗証番号が必要なのは、個人情報を「氏名や住所、生年月日など」と「本籍と顔写真」という2つに区分したためである。特に「本籍と顔写真」は2組の暗証番号を正しく入力しないと読み出せない。

さらに、新しい免許証では本籍欄が空欄になっている。

プライバシーの観点から削除したとのことので、個人情報保護法に沿った措置ということなのだろう。何故、本籍欄でそのまま空欄で残したの?

免許証のICチップは読み取り装置で暗証番号を3回続けて間違えるとカードロックされて、ICカードに記録された内容を読み取れなくなってしまう。

その場合は運転免許センター(各試験場)や警察署にいって、ロックを解除しなければならない。

だから、暗証番号は適当につけない方がよい。

検眼などの免許更新の流れの中で、暗証番号の重要性には触れていないみたいだ。

できたIC免許証を手にした後の説明で暗証番号の説明があるらしい(地域ごとの免許センターや警察によって、違いはあるだろうけど・・・)

そして、運転免許証といえば、保険証やパスポートなどとともに銀行や郵便局などさまざまなところで身分証明証として使われている。

本籍地を確認しなければならないケースも出てくるが、IC運転免許証の読み取り装置が全国の銀行や郵便局などにも設置されているようだ。

免許証のサイズについては、従来のものよりも厚みがある。従来の0.5mmから0.76mmになった。ICチップのメモリ容量は8Kバイトで、内訳はOSが2Kバイト、記載事項が4Kバイト、顔写真が2Kバイト。

電磁記録へのアクセス権限は、読み出しの場合は、公安委員会と免許保有者、追記の場合は公安委員会。

|

« 遠くの雷に油断してはいけない | トップページ | 雨が降れば・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30141513

この記事へのトラックバック一覧です: IC運転免許証:

« 遠くの雷に油断してはいけない | トップページ | 雨が降れば・・・ »