« 雨が降れば・・・ | トップページ | 善玉コレステロールが低いと記憶力も低下する? »

「脳死は人の死」に賛否両論 (臓器移植法改正案)

2009年6月18日の衆院本会議での臓器移植法改正のA案可決で、賛否両論。

今日放送されていた報道番組のインタビューVTRを見たけど、否定的な意見、賛成する意見、その双方に、「そうだよね。」とうなずける意見がある。

でも、どちらかというと否定的な意見のほうが、シビアな感じがした。

また、国会会期末のいまの時期に駆け込みのように可決した。その背景には、国際移植学会が昨年、渡航移植禁止を求める宣言を発表し、世界保健機関(WH O)も追認する方針で、渡航移植の道が閉ざされるとして法改正の機運が高まっていたことがある。

【 記事要約 】

18日、家族の承諾のみで脳死臓器提供を可能とする臓器移植法改正A案が、過半数の賛成を得て衆院を通過した。

子供の脳死移植に道を開く第一歩だが、現行法の枠組みを大きく変えるだけに慎重論は強い。

とりわけ、臓器提供者(ドナー)となる子供の人権をどう守るかという問題もあり、成立までには多くの困難が予想される。

A案は4案の中では唯一、明確に脳死移植を増やすことを意図しており、提出議員らは「提供する側と受ける側の権利が等しく保障される案」と主張する。

「脳死は人の死」を前提に、広く臓器提供を解禁しながらも、それを認めない人は脳死判定を拒否できるためだ。

しかし、脳死を人の死とすることに抵抗感は依然大きく、土壇場で新たな対案が提出されるなど混乱もあった。

国会審議では「『脳死は人の死』が移植以外に波及する可能性がある」「社会的合意はまだない」と異論が噴出した。

さらに、子供は脳の回復力が強く脳死判定に慎重さを要することに加え、救命救急医療の体制や虐待の有無の見極めなど、解決すべき問題は山積み。

法改正と併せ、「脳死は人の死」を受け入れる人も受け入れない人も、ともに納得して家族をみとることのできる環境を整える必要がある。

麻生太郎首相は18日午後、衆院本会議での臓器移植法改正案の採決で、可決されたA案に反対票を投じた。

麻生首相は本会議終了後、国会内で記者団に「D案に(賛成票を)入れるつもりにしていた」と述べた。

その理由については「臓器移植への道を開く傍ら、脳死についてはまだ世の中の意見がきっちり固まっていないのではないかと思っていたので」と説明。

【 要約終了 】

5月17日(日)のフジテレビ系列「サキヨミ」で「脳死」をテーマに放送していたが、出演していた勝間和代さん、竹田圭吾さんなどの出演者は苦渋の決断としながらも、家族や本人に「選択権」があるA案を推奨していた。こういった番組のコメントが議員の採決に影響を与えているのとしたら、それはそれで考えものの感じがしないでもない。

先日亡くなったプロレスラーの三沢光晴さんも、兄貴分として慕ったジャンボ鶴田さんが肝臓移植の手術中に死亡したことがきっかけで、臓器移植に関心を持つようになり、2000年ごろから臓器移植の活動に協力していた。そして、法案が可決された6月18日は、三沢光晴さんの47歳の誕生日でもあった。こんな偶然もあるですね。

麻生首相が、国際移植学会の宣言やWHOの宣言追認方針を判っていて、記者団に「D案に投票するつもりだった。」と話したとすれば、意外に慎重派なところもあるのねとなんか感心してしまったよ。

|

« 雨が降れば・・・ | トップページ | 善玉コレステロールが低いと記憶力も低下する? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/30171280

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳死は人の死」に賛否両論 (臓器移植法改正案):

« 雨が降れば・・・ | トップページ | 善玉コレステロールが低いと記憶力も低下する? »