« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

上に立つ者の道三十二箇条

「上に立つ者の道三十二箇条」は、故 岩澤正二氏(元東洋工業会長)が、人の話や古典などを参考にして、実体験を通して得た三十二箇条を自らの戒めのためにまとめたものである。岩澤氏は、故 安岡正篤先生の高弟であった。

また、この三十二箇条は、旧住友銀行の副頭取時代に、部下たち(支店長たち)に指導者の指標として示していた。上司としてどうあるべきか?、多くの示唆が含まれている。

戒めとして書かれていることの中で、やってしまっていることはありませんか?

1 むかうところを明瞭に示せ。

2 信を他の腹中に置け。

3 虚心坦懐、光風霽月、是を是とし、非を非とせよ。

4 褒める時褒め、叱る時叱る。忘れたり、遠慮したりするな。

5 権謀は無策に劣る。巧詐は拙誠にしかず。

6 功を部下に推し、責を身に引け。

7 金銭に恬淡たるべし。

8 自然に導くを得ば、上の上なり。

9 己に薄く、人にあつく、己に厳に人に寛たれ。

10 長所を見て人を使え。人は誰し長所を有す。

11 愚痴と立腹と厭味とは人の上に立つ者の大禁物、言いたきことあるも堪え得る雅量あるべし。

12 為すべきことを為すために、いかなる情実も、いかなる困苦もこれを排し、断乎としてなすべし。

13 みだりに難きを責むるな。但し、泣いて責むべき場合あり。

14 自分がまず研究して、確信を得よ。

15 広く意見を徴すべし。部下の話は熱心に聞け。

16 部下の人事に熱心なれ。人の世話はよくしてやれ。

17 その労するところを知り、よく、これをねぎらえ。

18 寡黙重厚、従容自若、眼眸厳正、挙措端正。

19 よく休ませ得る者は、よく働かせ得るものなり。

20 人のことをわがこと程に思え。

21 努めて失意逆境にある人を引き立てよ。

22 自他の職域を守り、これを尊重せよ。

23 知らざることは、あくまで知らずとなせ。

24 少なく言い、多く行え。

25 絶えず研究して一歩先んぜよ。

26 少疵(小さい失敗)をもって大功を没すべからず。

27 部下に威張るな、部下の機嫌をとるな。至誠一貫、正々堂々。

28 外柔内剛、柔らかくとも一節あれ。

29 事をなすには、腹をきめてかかれ。

30 上に立つ者は、部下をして己の最大の保護者たることを感ぜしめよ。

31 自分一人にて事をするな。任せて人を使え。ただし、監督を怠らば、仕事をする人に張り合いがなくなる。

32 象徴を高く掲げ衆心一致、精神の統一をはかれ。中心の引力はあらゆる手段をつくして強固ならしむべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全無欠

完全無欠とは、これ以上ない、これ以上に望めない良好な状況ということだけれど、この完全無欠の状態をお互いに求めることは、かなり難しい。

そもそも人間は、不完全な状態で生まれ、不完全な状態で年老いて死んでいく。

確かに、赤ん坊から20年かけて、成人し、中年になり、そして、老年をむかえるという段階を経て、人間は様々な経験をして、成長していくことは間違いはないのだが、人間の成長に完全というものはないと思う。

何故、人間は不完全なのか?

それは、人間は最初から努力することを宿命付けられている存在なのである。

もし、世の中で生きて行くために必要なことをあらかじめインプットされて、生まれてきたとしたら、人間の人生とは、どんなものになるだろうか?

努力することを知らず、結局堕落して、しょうもない人間になってしまうだけのつまらない人生になってしまうのではないだろうか?

不完全で生まれてきたということは、その後の努力で、己の不完全さを少しでも補うことで、厳しい環境の中にあっても、生きる希望を見出して行けということなのだろう。

どんなことに生きる目的を見出すかは、人によりそれぞれであるが、自分が選択した環境、あるいは、自分が置かれた環境の中でできうる限りの努力をしていこう。

完全無欠ではないからこそ、お互いの足りない部分を補いあい、協力して問題を解決していくことが必要なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語のバイエル

51mnwyjkf9l__ss500_ 音楽(ピアノ)のバイエルならぬ、英語のバイエルとして、NHK出版から発売されている「これで話せる!英語のバイエル 初級 (CDブック)」¥1,680 円(税込)は、「ハートで感じる英語塾 英語の5原則編 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話) と同じ著者の大西 泰斗 、 ポール・マクベイによる、英語の5原則を踏まえた実践テキストである。

本書の目的は、あらゆる英語文を生み出す、核となるパターンを身につけること。

基礎が出来ていると単語(言葉)を入れ替えるだけで、いろいろ話せたり、聞き取れたりもするようになる(わたしは、まだまだですが・・・)。

200の例文をとおして、

1.説明ルール

2.限定ルール

3.配置転換ルール

4.補完ルール

の4つの展開ルールと「とき表現」について、習熟する形式をとっている。

また、例文に対するキモチなるものが解説されているので、ニュアンスが判る。そして、例文の内容がイメージしやすく、英文のイントネーションなどは感情を込めて読まれている。また、和訳は大西先生が読んでいる。

そして、「話すための」文法は、みんさんが中学・高校でやってきた、細かくごちゃごちゃした文法ではないとしている。

大西先生は、自身のブログで、次のように書いている。

【 引用開始 】

バイエルは「初級」「中級」「上級」に分ける予定です。おおよそ次のようにレベル分けをしています。

・バイエル初級

バイエルに必要な語彙は、ほぼ中学卒業程度の平易なものに限られています。ただ扱う内容は英語の根幹にある必須な構文とその語感をぼぼすべて網羅します。基礎的な語で、英語ということばの基本的動き方すべてを網羅する、それがバイエル初級です。

・バイエル中級

使用語彙は、高校卒業程度までの範囲とします。バイエル初級は---いくら複雑であっても---単文レベルに留まりますが、中級では重文・複文・一定の流れをもつ複数文のコンビネーションの例が大きな比率を占め、より実際の会話に近づきます。また、主語・修飾語など各要素が大きく・重くなります。また、仮定法など初級レベルを超えたいくつかの形に習熟します。

・バイエル上級

日常会話を超えた領域です。ある一定の内容を平明な論理構成で発話します。使用語彙はネイティブレベルに近いものになります。(詳細は現在検討中)

おおよそ、こうした感じの進め方です。初級は「英語塾」の内容程度のもの。だけど使用語彙は平易ですから、より本質的に英語が見えてくると思います。

【 引用終了 】

SIMのときと同じような気持ちでやり続けたとしたら、どんな効果がうまれてくるのだろうか?

おもしろい教材の一つだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

OSのバージョンアップにあせる必要はない(Windows7)

Microsoft社のWindowsが実質的な世界標準OSとなっている中で、Windowsのパソコンを購入した際に組み込まれているWebブラウザ『Internet Explorer(IE)』が、2009年10月発売予定の次期OS・Windows7欧州版では非搭載になる。

理由は、欧州の規制当局から独占禁止法違反の疑いがあるとの指摘を受けことによるものである。

Windows7日本語版がどのような対応になるか判らないが、Windows2000、WindowsXP、Windows VistaのOSが充分に機能するうちは、Windows7の購入をあせる必要ないと思う。

わたしは、OSのバージョンアップ(代替わり)があるときは、初回発売から、しばらくの間は、セキュリティーのバグなどの不具合が洗い出し切れていないとの考えで、サービスパック1(SP1)が公開されるまでは、新OSへのバージョンアップを控えてきた。

Windows7日本語版がIE非搭載でも、この姿勢を変える気はない。

Microsoft社が開発したOS・Windowsに同社のInternet Explorerが搭載されるのは、自然なことだと思うけどね、この感覚は間違いだろうか?

他社のIEのほうが、使い勝手がいいとか、好みだという場合は、ユーザー自身がIEの乗り換えを行えばよいだけのことだ。

ただ、OSに最初からIEが搭載されていると、他社のIEが、メインのIEとして選択される機会が失われ、不均衡が生じ、Microsoft社のIEより使いやすいIEを提供しているという自負を持つ開発会社がユーザーを獲得できない、おもしろくないというのは、判らないではないが、大半のユーザーにとっては、普通にインターネットの閲覧ができれば、それで充分なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信念の力

『 成功する人は、自分自身を信じ、究極の成功を信じ、後退やつまずき、転倒やスリップには目もくれず、「たどり着く」一心で、目標に向かって進みます。

進む過程で、ものの見方や目的が変わり、自分に合うように計画を変更するかもしれません。

しかし、つねに心の中では「たどり着く」とわかっています。

「たどり着けるだろう」ではなく、それを感じ、信じることから、念の世界の最強の力を動かしているのです。 』

上記は、信念の大切さを物語る「引き寄せの法則」の一節です。

「引き寄せの法則」では、「念」の力を重視していますが、「念」の力は、プラス思考で使うべきものです。マイナス思考の「念」は、失敗や恨み(怨念)になってしまいます。

自己暗示や潜在意識の活用には、プラス思考の「念」の力が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちが難しい?

「東大合格と富裕層、どっちが難しい?」という YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)の記事でホリエモンの面白いコメントを見つけた。

【 記事引用 】

堀江氏いわく、「どちらが難しいかは、わからないですね。富裕層にはなれても、東大には入れない人も多い。違う才能がいるのかもしれない。大学に入るのもコツがあるし、富裕層になるのもコツがあると思う。富裕層になるには、種銭があんまりいらない商売をやること。少ない資本で利益率が高い商売が一番よくて、それは時代によって変わります。」

そもそも、堀江氏は東大に入る意味自体に疑問を持っているよう。

「不公平だと思ったのは、東大に入るのと慶應に入るのは難しさの度合いが全然違うのに、金メダルとそれ以外くらい違うのに、就職したら東大も慶應も同じじゃないですか。同じ土俵に立たされるのに、なんでみんな一生懸命東大に入るんですかね。意味ないし、バカみたいだと僕は思った。高校卒業して、そのまま就職しちゃえばいいと思います。」(堀江氏)

 東大に入って何をやるのか、なんで会社に入るのか、せっかく東大に入っているのになんでみんな就職活動をやる必要があるのか……。そんな様々な要素を考えた結果、堀江氏は東大中退を選んだようです。そして、その後の彼の人生は誰もが知るところ。実際彼にとっても、東大に入るより、大金を稼ぐこと、富裕層になることの方がずっと難しかったのではないでしょうか。

記事アドレス http://media.yucasee.jp/posts/index/418?oa=ymb6048

【 引用終了 】

まずは、ホリエモンらしいコメントだと思う。

このアンケートは、東大卒50人を対象とした回答だから、どちらが難しいか?の比較は、やりやすいかもしれない(東大合格は成し遂げている訳だから)。

東大卒でもない、富裕層でもないとなれば、「どちらが難しいか」と問われれば、様々な答えが返ってきそうだ。世の中には、学歴はなくても、実業で成功している方はたくさんいるし・・・

未知の問題を研究している学者さんの場合を除いて、学生の勉強は、正しいやり方ができていれば、結果がついてくる。

一方、富裕層(いわゆる金持ち)になるのに、正しいやり方なんて、特定できないと思う。FXでうまく儲ける主婦もいれば、世の中の時流を読み、実業で成功してお金持ちになる人もいる。

これは余談だけど、変な話、公務員になって、渡り歩いて、退職金を何回ももらうというような、曲がった形の金持ちもいる。ただ、公務員の俸給が民間給与より高いような状態をいつまでも続けていたら、民間が疲弊し、国の衰退につながっていくことは間違いない。頭でっかちの組織を支え切れる訳が無い。その顕著な例は、公務員が無駄遣いの限りを尽くした挙句の年金支給額の低下だと思うが・・・

さて、どうお考えになりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深層心理

人間の思考のうち、自分自身で自覚できている部分は、およそ10%程度だと言われている。

その他の90%の「無意識」部分では、自分自身のコントロールが直接できない要素が多く存在している。

心理構造を深海などに例えると、意識として外部に見えている表層部分だけではなく、その表層部分に奥から影響を与える深層部分が存在している、というようなイメージとなるのだろう。この深層部分が、すなわち深層心理である。

表層部分に奥から影響を与える要素とは、自身の過去の記憶が深く関係しており、それは行動パターンに現れてくる(言動、しぐさ、振る舞い)。

トレンドGyaO編集部が、「初対面の相手もこれで丸裸に?何気ないクセが表す、人間の本当の姿」ということで、これらを参考にして、第一印象と本当の性格が違った…なんてことのないように慎重に相手を選びましょうねと、癖から人間像を解き明かしている。

何気ないしぐさで、その人なりの性格を如実に表すサインの数々、思い当たるしぐさがあるかもしれません(多分ある)。

私は、ありました。

・鼻歌を歌う

→ 好奇心旺盛で想像力が豊か

こうした人は、想像力がある反面、あらゆる物事に対して楽観的すぎる傾向があります。安請け合いも多いので、大事な頼みごとをするときは注意しましょう。

・鏡をよく見る

→ 内面に自信がない

→ 自分の存在を希薄に思っている

ナルシストに思われがちですが、実は逆に肉体的コンプレックスを持っている人が多いとか。自分の容姿を少しでもよく見せるために常に気を遣っているのです。

・靴下の匂いをかぐ

→ 動物的な本能が優れている

もともと動物は自分のアイデンティティを確認するために、排泄物を臭うとか。困ったクセですが、こういうタイプは無人島でも生きていけるので、頼り甲斐はあります。

・飲み物を飲むときに小指を立てる

→ 人から注目されることが好き

→ 女性的な部分が強い

男の視点によって創られた女らしさの演出の形といわれるため、男性がやったら内面が女性的、女性がやったらより女性的だとか。女性が男性を誘う際にも出るそうです。

・湯飲みやカップを両手で持つ

→ 頑固者

このポーズには「自分の領域に立ち入らないで」という隠れたメッセージがあり、無理に打ち解けようとしない方が得策です。時間をかけて自然と親しくなりましょう。

・自分の服の襟や胸元に触る

→ 目の前の異性に性的欲求を感じている

相手がこの仕草をしているは、自分に気があると見てよいでしょう。特に男性がネクタイに、女性が第一ボタンに触れているときは強い欲求を抱いていることが多いとか。

・口に運ぶ食べ物を確認する

→ 執着心が強く、ストーカーになりやすい

自分と一体化する物質を最後まで観察しようとする心の動きが、この行動に結び付いているとか。他人を自分のものだと認識してしまうタイプが多いそうです。

・「つまり」、「要は」が口癖

→ 寂しがり屋

こうした言葉を頻繁に使う人は、自分のことを理解してほしいという願望が強いそう。接するときは相手の話を真剣に聞いてあげるといいでしょう。

・携帯電話を手放せない

→ 寂しがり屋

最近電車の中でもよく見ますが、こういうタイプの人はひとりでいることを極端に恐れ、常に誰かとのコミュニケーションを渇望しています。

・早口で喋る

→ 興奮しやすい

→ 自分をコントロールされるのが嫌い

→ 嘘をついている

普段のんびりとした口調の人が急に早口になったら、何か後ろめたいことがあると思ってよいそうです。常に早口な人は、相手に口を挟まれるのが嫌いな人が多いとか。

・必要以上に礼儀正しくお辞儀をする

→ 相手と深く関わりたくない

→ 視線を合わせたくない

「あの人、礼儀正しい人ね…」なんて評判のあの人も、もしかしたら他人との接触を絶っているだけかもしれません。「慇懃無礼」なんて言葉もありますからね。

・貧乏ゆすりをする

→ なにごとも完全でないと気がすまない

→ 不安が高まりやすい

→ 情緒不安定

→ 飽きっぽい

常にイライラしているのが伝わってきますよね。このタイプの人と交流を深めるには、常に新しい情報を提供してあげることが必要だとか。

・爪を噛む

→ 寂しがり屋

→ 欲求不満

この他にも、小指の爪の先と中指側の爪の生え際にある「小衝」というツボを無意識に刺激してストレスを解消している行為をしている場合もあるとか。

・鉛筆の端を噛む

→ 子供っぽい性格

確かに、子供の頃はよく噛みすぎてしまい、鉛筆がグチュグチュになって親や先生から叱られたものです。

・髪の毛をいじる

→ わがまま

→ 欲求不満

愛する人とのふれあいを求めています。女性がこのしぐさをしたら、相手に心を許している証拠だとか。一種のマスターベーション効果もあるそうです。

・目をそらさない

→ 気が小さい

これは意外ですよね。相手の目をキッと見続けている人って、とても強そうな印象を与えますが、あれは気の小ささの裏返しなのか…。

・頭の後ろに手をやる

→ 警戒心が強い

照れたときに頻繁に行われるしぐさと思われがちですが、他人の接近を拒否するといった、警戒心が働いていることが多いそうです。

・頬杖をつく

→ 頭の回転が速い

→ 騙しやハッタリが通用しない

相手の話の内容に退屈しているときや、遅々とした状況に絶望しているときに多いとか。こういう人には理論立てた話をすることが必要です。

・まばたきが多い

→ 気が小さい

→ 不安や緊張を感じている

→ 自信過剰

基本的にプライドが高い人によく見られます。注目されたいという気持ちが、心の窓である目元を強調しようとするそう。自尊心を傷付けるような発言は禁物です。

・上目づかいが多い

→ 甘えん坊

→ Mな人

誰かに頼りたいと考えている甘えん坊。女性に多く、一般的に受動的な心理状態のときによく出るそうです。

・眉毛を触る

→ 本心を隠している

「眉に唾をつければ狐や狸に化かされない」という由来から生まれたと言われる「眉唾」なんて言葉もありますからね。“眉毛”と“嘘”の関係は意外と深いようです。

・足を組む

→ 威厳を保ちたい

→ 居心地が悪い

女性が頻繁に足を組みかえているときは、退屈しているサインだから要注意。また、歪んだカラダを均等に保とうとバランスを取っているとの説もあるとか。

・足を投げ出す

→ 人目を気にしない

→ おおらかで懐が深い

わがままで、威張っていると言う印象を受けますが、面倒見のいい親分肌タイプが多いとか。感情がわかりやすいので、余計なことを考えず付き合える人です。

・腕を組む

→ 警戒心が強い

→ 自信がない

不安や緊張を隠すためのものと、 他人を寄せつけないという気持ちとのふたつがあるそう。このしぐさがなくなれば、あなたはその人の警戒心を解いたことになるでしょう。

・指でテーブルを叩く

→ 楽観的でマイペース

一見イライラしている印象を与えますが、逆に自分のペースを大切にし、束縛を嫌うタイプが多いとか。こういう人とは一緒に楽しんであげることが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んで記憶か?、書いて記憶か?

読んで記憶か?、書いて記憶か?

『東大生が選んだ勉強法 - 「私だけのやり方」を教えます』 (東大家庭教師友の会編著)という本に「読んで記憶VS書いて記憶」という記事がある。

東大家庭教師友の会が、東大生を調査した結果として、「ただひたすら読んで記憶」するタイプと「書いて記憶」するタイプの二つに大きく分かれたとのこと。→ ある意味当たり前の2分論のような・・・

「ただひたすら読んで記憶」するタイプの特徴は、ほとんどの場合で内容を丸ごと流れで覚えようとしている。記述内容をすべて理解し、根本から記憶しようとしていて、本好きな人が多いとのこと。

一方、「書いて記憶」するタイプの特徴は、ポイントを抜き出し、キーワードをひたすら覚えようとしている。紙に何十回となく書いて覚える。そのほうが効率的との判断からである。

また、この両者をあわせた「五感活用」型も少なからず居るそうだ。「音読」により「耳」「口(の動き)」で覚え、さらに重要なことは何度も「手」で書いて覚える。→ 英語学習にこの要素は全て当てはまる。

さて、わたしの場合は、どうか?

覚えやすさ、覚えにくさの程度により、上記の手法を使い分けている感じである。

ものを覚える際に一番大事なことは、「全体像(概略)」「流れ」を大掴みに把握してから、細かいところに進んでいくことである。

全体像の把握なしに、いくら細かい内容、知識を覚えていっても、全体像において、覚えた内容、知識の位置付けが認識できていないから、忘れるのも早い。

たとえば、日本史や世界史などの暗記主体の教科では、山川出版の「一問一答用語問題集」のお世話になった人も多いと思うけど、この用語問題集も、やはり、「詳説 日本史」「詳説 世界史」などの教科書で「流れ」を掴んでから、問題に取りかかった方が活きた形で吸収できる。歴史教科は、暗記教科だが、一番大事なのは、「流れ」である。

「流れ」を徹底的に掴め!、これが鉄則なのだ。

「流れ」を数学に置きかえれば、「解法手順」ということになる。

手順を記憶する。

これは、実際にやってみることが必要になってくるから、とにかく「書いて覚える」ことが主体になる。→ もう少し言えば、「書いて覚えて、想起する」ということになるだろう。

頑張れ、受験生、これから夏だ!

夏をどう乗り切るかで、秋以降の伸びが違ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIM

SIMと書くとSIMカードが頭に浮かびそうですが、SIMカードではありません。

multaneous nterpretation ethod(同時通訳方式)の頭文字を取ってSIM

東京SIM外語研究所(当時は西新宿)が提供していた「長文読解力養成講座《初級》」です。→ この講座は、現在では、スーパーSIMになりました。

SIMとの出合いは、今から約十数年前の大学受験時代に旺文社の「蛍雪時代」「大学受験ラジオ講座」(通称:ラ講)の広告記事を目にしたことに始まります。 (注)今は大学受験ラジオ講座の放送は終了しています。

その広告では、偏差値の急上昇がうたわれており、一見すると正直怪しい広告かな?、という感覚を持ったことを覚えています。だから、最初は騙されて元々という半信半疑な気持ちで申し込みをして、受講を開始した講座でした。もし、これで偏差値が伸びるとすれば儲けものという感じでもありました。

当時、教材が届いて、「えっ、これで?」と思ったのが、初見の印象です。

何せ、第1講の長文読解講義の題材は、童話の「ヘンゼルとグレーテル」です。

「本当に大丈夫なの?」という感じを持ちましたが、実際やってみた結果、今でもある程度、空で言えてしまいます。

Sim東京SIM外語研究所のホームページで講座の案内を確認してみると今でこそCDによる講義になっていますが、当時は、テキスト10冊、カセットテープ10本、添削10回で、ダン上野先生の講義を、テープを行きつ戻りつしながら、何回も聴き、SIM朗読なるものを毎日していました。(右の写真:当時のテキスト、第2講です)

そして、3ヶ月ほど順調にテキストとテープ講義とSIM朗読を続けていく中で変化が起こりました。

意味のまとまりがある単位ごとに、文頭から英文を読みながら意味を取っている自分がいました。

文頭から読んで、返り読みをしていませんから、訳としては不自然な部分もありますが、読み終わると大体の意味がつかめるようになっていました。当然、読む時間も従来に比べて短縮されていました。

最初は、半信半疑で始めた講座でしたが、わたしにとって、効果は絶大で偏差値も上昇しました。

教材の後半で取り上げられている英文は、ケネディー大統領の就任演説キング牧師の I HAVE A DREAM です。いずれもLIVEの演説がテープに収録されていました。これは、本当に何度も聞きながら、SIM朗読をしました。

今の私の英語の土台は、このSIMの受講によって形成されたと言って良いと思います。

現在は、英文をみっちり読み込むようなことは行っていませんが、SIM講座を受講したことは、現在でも役に立っているのは事実です。

当時、わたしが長文読解力養成講座《初級》の受講が終了した同じ時期に、「スーパーエルマー」という講座が新たに開講された旨の案内が届きました。

このとき、わたしは、「スーパーエルマー」を受講しませんでしたが、この講座は、現在、東京SIM外語研究所の主力講座になっています。

【 教材提供元 】

スーパーエルマー・TOEIC対策の東京SIM外語研究所 

〒206−0033 東京都多摩市落合2-38-102 TEL042-355−3051

ホームページ http://www.tokyo-sim.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨でも、熱中症になる (熱中症対策)

熱中症といえば、真夏に発症するものと考えられがちですが、梅雨時のような多湿な状況でも、気温の上昇が加われば、熱中症になる危険性は充分にあります。

熱中症についてまとめてみました。

Ⅰ.熱中症の定義

暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって、体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態をいう。

Ⅱ.熱中症のメカニズム

1.人間の体は、気温が体温より高くなると、空気中に熱の自然放出が難しくなるため、発汗し、汗の蒸発によって体温を調節するようになります。

2.ここで、気温が高いだけなら、発汗によって調節できるのですが、気温の他に湿度75%以上の条件が加わってくると、発汗しても、汗が体を流れ落ちるばかりで、ほとんど蒸発しなくなってしまいます。そのため、発汗による体温調節すら、難しくなってしまいます。

3.体温が37度を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとしますが、高温多湿で体温がさらに上昇し、発汗などによって、体の水分量が極端に減少すると、今度は心臓や脳を守るために血管の収縮が始まり、熱が放出できなくなってしまいます。

このように熱中症は、体温調整機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇していく機能障害なのです。

Ⅲ.環境および症状

1.環 境

気温30度以上、湿度70~80%の環境は、熱中症を発症しやすい環境です。

2.症 状

①.軽い熱中症

腹痛、手足や腹筋などの痙攣。

数秒間程度の失神。

脈拍が速くなり、呼吸数の増加。

顔色が悪くなる。

めまいなど。

②.中度の熱中症

頭痛、めまい、失神、吐き気、嘔吐、血圧の低下など。

③.重度の熱中症

意識障害、過呼吸、ショック症状。

全身の臓器の障害が生じ死に至ることもある。

3.その他

熱中症は、自分で「熱中症だ」と感じることはあまりありません。

自分で「熱中症だ」と自覚し始めたときには、ある程度症状が進んでいる状態です。

そして、ひとたび脱水症状に陥ると自力回復が難しくなります。

症状がひどければ命を失います。

Ⅳ.熱中症対策

1.休息・睡眠を十分に取る

疲労の蓄積は集中力の低下につながり、体の機能が正常に働かなくなります。

また、睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。

睡眠時間はだいたい8時間は確保し、生活リズムを整えましょう。

夏場は、暑くて眠れないときもありますが、無理にクーラーや扇風機で冷やし過ぎないようにしましょう。

2.水分と塩分(ミネラル)の補給を適度に行う

のどが渇いていなくても水分は適度に取りましょう。

のどが渇いた状態になっているときでは遅いので、水は携帯しておいてください。

また、発汗によって失われた水分と塩分を補給するためにもスポーツドリンクなどの飲み物を用意しておくと良いです。 → 大塚製薬の「ポカリスエット」

3.服装に気をつける

夏の直射日光を防ぐためにも、外で活動するときには帽子をかぶるようにしましょう。

有害な紫外線を浴びないためにも帽子は必要です。

服の色は、白めの服装が良いとされています。

白い色は熱を吸収しにくいためです。

反対に黒い服装は避けるようにします。

4.涼しい場所を確保しましょう

直射日光は避けて、日陰になっているような涼しい場所にいましょう。

通風を確保することも大切です。作業服にも通風に優れたものが売ってあります。

家の周りに水をまいて、水の気化熱を利用して体温を下げるのも効果的です。

5.複数人で行動しましょう

天気予報を見て気温が上がりそうな場合は、単独で行動せずに複数人で行動するようにしましょう。1人の場合、異常をきたしたときに発見が遅れます。

6.熱中症は室内でも起こり得る

高温、多湿の条件を満たせば、室内でも熱中症になります。

室内を適温適湿にすることです。

室内の適温は夏25℃前後、冬20℃前後が、適湿は60%前後が目安です。

体温調節機能にとどめをさす、湿度には特に注意しましょう。室内の湿度が高いケースでは、温度が25度でも熱中症になる場合があります。

Ⅴ.熱中症時の大急処置

1.患者を日陰やクーラーの効いたところなどの涼しい場所に運び、衣服を緩める

近くに涼しい場所がないときは、うちわなどで扇いで患者を冷やす。

2.体を冷やします

方法は、霧吹きで水を浴びせて水の気化熱によって冷やします。

一気に水をかけるとショックが大きいのでやってはいけません。

アイスノン、氷枕、缶ジュースを用意して脇の下、首、股など動脈のある部分を冷やすようにします。

3.熱中症が疑われる場合は、水分だけでなく塩分(ミネラル)も不足しているので、塩分を補給する

スポーツドリンクでミネラルは回復できますが、脱水時に飲ませすぎると低ナトリウム血症が起こる場合があります。

そのため、塩を直接舐めさせるなどして塩分を補給することが必要です。

4.少しでも熱中症と疑われる場合は、すぐに救急車を呼び病院に連れて行きます

意識障害が起こり重度であると死にいたるケースもあるので迷わずに119番に連絡します。

Ⅵ.携帯式「熱中症計」

Photo 最後に、携帯式「熱中症計」を紹介します(6月20日 中日新聞記事より)。

日本気象協会(東京)は、熱中症の危険度を5段階で知らせる携帯式の「熱中症計」を開発した。

熱中症が猛威を振るう夏本番を前に、6月26日から販売する。

気温と湿度を自動計測し、熱中症発症の可能性を示す指標値を算出。

「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5つのランクで、ランプを点灯させて知らせる。

「危険」は外出を避けるのが望ましいレベルで、「厳重警戒」以上になるとブザーも鳴る。

大きさは縦6.5センチ、横4.5センチ、厚さ1.5センチ、重さ20グラムで、子どもの手のひらにも乗るサイズ。

画面には気温湿度も表示される(写真:日本気象協会より)。

担当者は「毎年多くの人が熱中症で病院に運ばれたり、亡くなったりしており、対策は待ったなし。気軽に持ち歩いて予防に役立ててほしい」と話している。

1個1050円で、気象協会の支社や支店で販売するほか、ホームページでも注文を受け付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つとはどういうことか?

「自信」を持つというのは、「自己信頼」に基づいて行動をおこせていけることだと思う。

自信がないから行動を躊躇し、機会を逸して、大切なものを失うとすれば、一層、「自信」とは縁遠くなってしまいます。

自信とは、「自己信頼」の短縮形だと思っていますが、自己信頼(自分が自分を信頼すること)こそが、人生を歩むうえで一番大切なことであると思っています。

では、自分が自分を信頼する(信じる)ために、何が必要なのでしょうか?

わたしは、何も必要ないと思っています。

自己信頼とは、今のありのままの自分で自然に振舞うことです。

ただし、何かを持っているから自分に自信があるとか、何らかの地位についているから自分が信じられるとか、何かの前提条件がそろったことで得られる自信は、本物の自信ではありません。このような物理的なものから得た自信は、それ失ってしまえば消失してしまいます。

自分が自分を信頼する(信じる)ために、物質的な根拠は何もないのです。

では、何をもとにして人は、自分を信頼しているでしょうか?

それは、単なる自分の超アクティブな思い込みが原動力なのです。

「自分なら何とか出来る」、「なんとかなるだろう」、「やるだけやってみよう」とか、特段の根拠がない、体の中から湧き起こってるエネルギーなのです。自分に対する信頼感は、目に見えるものではなく、体の中から沸々と感じる感覚的なものです。

物事で何か結果を出したい、成功したいと思うなら、この思い込みは非常に大切なのです。

物理的な条件がいくらそろおうとも、この思い込みがなければ、最後のもうひと踏ん張りが効かないのです。

成功と失敗、または、勝敗を分ける最後の切り札は、「自分なら何とか出来る」、「なんとかなるだろう」というアクティブな思い込みを最後まで維持できるかその思い込みを信じられるかなのです。

そして、この超アクティブな思い込みに、計画性が加わる実現性がアップするのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

善玉コレステロールが低いと記憶力も低下する?

健康診断の関係で、メタボリックシンドロームの記事を調べていたら、善玉コレステロールが低いと記憶力も低下するとの記事を見つけた(2007年7月1日 APF通信)。

【 記事要約 】

善玉コレステロール(HDL-C)が、高齢期における記憶力の維持に重要な役割を果たす。

フランス国立衛生医学研究所の研究チームは、公務員の男女3673人を対象に、55歳時と61歳時の計2回、コレステロール値および記憶力を測定した。

記憶力については、20個の単語リストを見せ、語をいくつ正確に覚えているかを測定した。

すると、2回とも、HDL-Cが低いグループ(1デシリットルあたり40ミリグラム以下)では、HDL-Cが高いグループ(1デシリットルあたり60ミリグラム以上)に比べて記憶力低下のリスクが高いことが分かった。

チームは、「善玉コレステロールが低いことと記憶力が悪いことには関連があり、善玉コレステロールが低いと中年以降に記憶力低下を招く。と結論付けている。

【 要約終了 】

上記の内容を読んで思ったことは、善玉(HDL)コレステロールの値が低ければ、反対に悪玉(LDL)コレステロールの値が高くなる傾向があるのではないだろうか?

そうであるとすれば、 悪玉(LDL) コレステロールの値が高い状態は、動脈硬化症の発症を促する訳だから、記憶力の低下に、何らかの関連があっても不思議はないと、わたしは、単純に考えてしまった。

上記の研究では、 善玉(HDL) コレステロールが記憶力を保護する理由を調べていない。研究チームの話では、善玉コレステロールがアルツハイマー病の脳の顕著な特徴であるベータアミロイド斑の形成を防ぐのではないかとしている。

また、総コレステロール値と中性脂肪値は、記憶力の低下とは関係がないそうだ。

善玉(HDL) コレステロール値を高めるためには、運動習慣や健康に良い食事をとることが良い。

肉類や乳製品などに含まれる飽和脂肪を避けて、オリーブ油やキャノーラ油のような植物性油やDHAが含まれている魚類を食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「脳死は人の死」に賛否両論 (臓器移植法改正案)

2009年6月18日の衆院本会議での臓器移植法改正のA案可決で、賛否両論。

今日放送されていた報道番組のインタビューVTRを見たけど、否定的な意見、賛成する意見、その双方に、「そうだよね。」とうなずける意見がある。

でも、どちらかというと否定的な意見のほうが、シビアな感じがした。

また、国会会期末のいまの時期に駆け込みのように可決した。その背景には、国際移植学会が昨年、渡航移植禁止を求める宣言を発表し、世界保健機関(WH O)も追認する方針で、渡航移植の道が閉ざされるとして法改正の機運が高まっていたことがある。

【 記事要約 】

18日、家族の承諾のみで脳死臓器提供を可能とする臓器移植法改正A案が、過半数の賛成を得て衆院を通過した。

子供の脳死移植に道を開く第一歩だが、現行法の枠組みを大きく変えるだけに慎重論は強い。

とりわけ、臓器提供者(ドナー)となる子供の人権をどう守るかという問題もあり、成立までには多くの困難が予想される。

A案は4案の中では唯一、明確に脳死移植を増やすことを意図しており、提出議員らは「提供する側と受ける側の権利が等しく保障される案」と主張する。

「脳死は人の死」を前提に、広く臓器提供を解禁しながらも、それを認めない人は脳死判定を拒否できるためだ。

しかし、脳死を人の死とすることに抵抗感は依然大きく、土壇場で新たな対案が提出されるなど混乱もあった。

国会審議では「『脳死は人の死』が移植以外に波及する可能性がある」「社会的合意はまだない」と異論が噴出した。

さらに、子供は脳の回復力が強く脳死判定に慎重さを要することに加え、救命救急医療の体制や虐待の有無の見極めなど、解決すべき問題は山積み。

法改正と併せ、「脳死は人の死」を受け入れる人も受け入れない人も、ともに納得して家族をみとることのできる環境を整える必要がある。

麻生太郎首相は18日午後、衆院本会議での臓器移植法改正案の採決で、可決されたA案に反対票を投じた。

麻生首相は本会議終了後、国会内で記者団に「D案に(賛成票を)入れるつもりにしていた」と述べた。

その理由については「臓器移植への道を開く傍ら、脳死についてはまだ世の中の意見がきっちり固まっていないのではないかと思っていたので」と説明。

【 要約終了 】

5月17日(日)のフジテレビ系列「サキヨミ」で「脳死」をテーマに放送していたが、出演していた勝間和代さん、竹田圭吾さんなどの出演者は苦渋の決断としながらも、家族や本人に「選択権」があるA案を推奨していた。こういった番組のコメントが議員の採決に影響を与えているのとしたら、それはそれで考えものの感じがしないでもない。

先日亡くなったプロレスラーの三沢光晴さんも、兄貴分として慕ったジャンボ鶴田さんが肝臓移植の手術中に死亡したことがきっかけで、臓器移植に関心を持つようになり、2000年ごろから臓器移植の活動に協力していた。そして、法案が可決された6月18日は、三沢光晴さんの47歳の誕生日でもあった。こんな偶然もあるですね。

麻生首相が、国際移植学会の宣言やWHOの宣言追認方針を判っていて、記者団に「D案に投票するつもりだった。」と話したとすれば、意外に慎重派なところもあるのねとなんか感心してしまったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨が降れば・・・

『 雨がふれば 人はなにげなく 傘をひらく

この 自然な心の働きに その素直さに

私たちは日ごろ あまり気づいてはいない

だが この素直な心 自然な心のなかにこそ

物事のありのままの姿 真実をつかむ

偉大な力があることを 学びたい

何ものにもとらわれない 伸びやかな心で

この世の姿と 自分の仕事をかえりみるとき

人間としてなすべきこと 国としてとるべき道が

そこに おのずから明らかになるであろう 』

これは、『道をひらく』 松下 幸之助(著)の見返しのところに書かれているものである。

当たり前のことを当たり前にやる。

ひねくれたものの見方をしない。

人と違ったことをして結果を出したければ、まずは、普通のことを普通にやる、当たり前のことを当たり前にやる、この大切さを知らなければならない。

普通のことを普通にやりつづける、当たり前のことを当たり前にやりつづけること、実は、これが一番難しい。

昔、先生に言われたことがある。

成功している人は、それだけ人の見えないところで、ものごとを考え抜き、試行錯誤し、己の失敗から学んでいるんだ、表面だけを見て妬むなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC運転免許証

2007年1月4日から、運転免許証がIC化されているが、自分の免許証はIC化以前に更新時期がきたので、まだ、IC免許証になっていない。

先日、友人のIC免許証の現物を見たばかりである。

運転免許証の更新手続きに、暗証番号申告用紙なるものが追加され、更新手続の流れが変わっている。免許証の交付手数料はIC分として従来よりも450円高い。

IC化は、偽造免許証の防止を目的に導入されたものである。

免許証の表面に記載されている内容はICチップに記録され、その内容はICカード読み取り装置に暗証番号を入力しないと見ることができない。

暗証番号については、4ケタの暗証番号を2組登録する。2組の暗証番号が必要なのは、個人情報を「氏名や住所、生年月日など」と「本籍と顔写真」という2つに区分したためである。特に「本籍と顔写真」は2組の暗証番号を正しく入力しないと読み出せない。

さらに、新しい免許証では本籍欄が空欄になっている。

プライバシーの観点から削除したとのことので、個人情報保護法に沿った措置ということなのだろう。何故、本籍欄でそのまま空欄で残したの?

免許証のICチップは読み取り装置で暗証番号を3回続けて間違えるとカードロックされて、ICカードに記録された内容を読み取れなくなってしまう。

その場合は運転免許センター(各試験場)や警察署にいって、ロックを解除しなければならない。

だから、暗証番号は適当につけない方がよい。

検眼などの免許更新の流れの中で、暗証番号の重要性には触れていないみたいだ。

できたIC免許証を手にした後の説明で暗証番号の説明があるらしい(地域ごとの免許センターや警察によって、違いはあるだろうけど・・・)

そして、運転免許証といえば、保険証やパスポートなどとともに銀行や郵便局などさまざまなところで身分証明証として使われている。

本籍地を確認しなければならないケースも出てくるが、IC運転免許証の読み取り装置が全国の銀行や郵便局などにも設置されているようだ。

免許証のサイズについては、従来のものよりも厚みがある。従来の0.5mmから0.76mmになった。ICチップのメモリ容量は8Kバイトで、内訳はOSが2Kバイト、記載事項が4Kバイト、顔写真が2Kバイト。

電磁記録へのアクセス権限は、読み出しの場合は、公安委員会と免許保有者、追記の場合は公安委員会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くの雷に油断してはいけない

梅雨に入ったとは言え、ここ何日かの雷雨は、すさまじいものがある。

まるで滝のように雨が降り、空が雷でピカッている。

あっという間に、道路は水浸し、側溝の排水がよろしくないらしく、溢れている。

さて、真上でゴロゴロ鳴っている雷が危険なのは、誰でもわかる。

でも、遠くの空で雷が光ったとき、ゴロゴロと雷が鳴っているとき、まだ、自分がいる場所は、空が晴れているし、遠くでゴロゴロ鳴っているだけだから大丈夫と考えるのは間違いである。

遠くで鳴る雷は、統計によると、雷がやっと聞こえる距離の14km先に落ちる確率が2%ほどあるそうだ。空が晴れているかどうかは関係ない。

遠くの雷であっても、聞こえる以上は、安全ではないということです。

そして、雷というヤツは、予想もしないところに落ちるものだと考えた方がいいみたいだ。

落雷事故のニュースが、たまに報じられるけど、不思議なことに、ゴルフ場、運動場(学校の校庭)、浜辺(テントやビーチパラソル)、川辺(土手の上や河原)など広い場所で落雷に遭っているケースが多いようだ。

結局、広い空間で自分の周りに、自分より背の高い物がなく、自分が雷の呼び水になって、雷が落ちてくる感じなのかもしれない。

雷が鳴ったら、いま自分がいる場所は、どんなところかを判断して、遠くで雷が鳴っている場合でも安全な場所に早急に避難するべきだということだ。

雷の避難場所として、比較的安全な場所は、鉄筋コンクリートや木造住宅の中、自動車やバス・電車など金属で囲まれている乗り物の中。だだし、自動車の中では、金属部分に触れないようにしましょう。

ゴルフ場、運動場、海岸、川辺などの広い場所にいるときは、小屋などの建物の存在を確認しておくことが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ちょい太”の影響 (健康診断、メタボ検診)

“ちょい太”が市民権を得つつある。

以前から痩せ体型の人よりも少し太めの人の方が長生きすると言われていたそうだ。

厚生労働省の大規模調査で、40歳時点の体格が太り気味の人は痩せている人よりも7年程平均余命が長いという結果が出たそうだ。

2008年4月にメタボリック健診が義務化されて以来、世間で行われる健康診断にメタボ関連の計測や指導がつきものになった。

健康診断時の医師の問診後、結果に応じてメタボ判定を書いた用紙をもらって、職場で一喜一憂している光景が見られるようになった。

「ウエスト=男性85cm以上、女性90cm以上」という基準にピリピリしている人が多い。ある意味、この基準に踊らされている感じがする。

そして、メタボ対策の医薬品などが製薬会社などから、いろいろな種類のものが発売され、ヒットしている。

「ヘルシア緑茶」、「黒烏龍茶」、「ナイシトール」などなど。

労働安全衛生法の改正も関係しているけど、わたしの会社でも健康診断の受診項目の見直しと受診費用の見直しのための医療機関の変更などを2008年3月までに行い、4月から項目統一して、全社で健康診断を実施している。

また、労働安全衛生法第66条および労働安全衛生規則第44条、45条で、定期健康診断に対しては、常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回(ただし、深夜業労働者等は6ヶ月ごとに1回)、定期に健康診断を実施しなければならないとしているけど、自社では、上期と下期の年2回の健康診断実施を義務化した。→ 年2回の健診実施は、従業員には好評であった。

メタボリックシンドロームに対する注目以来、変化したのは、何も個人の意識だけではない。会社の健康診断実施のあり方にまで影響を及ぼしているのだ。

そういった中での今回の厚労省の“ちょい太”有効結果は、どう影響を与えるのだろうか?

「ウエスト=男性85cm以上、女性90cm以上」という基準値の妥当性が改めて疑われる結果だと思うのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

民意不在のゴタゴタ (憲法は何のためにあるの?)

消費税12%につづき、また、政治ネタのコメントになってしまうが、鳩山邦夫総務相が辞任した。

鳩山大臣は日本郵政の西川社長の続投に反対していたが、麻生首相がこの問題で決断。事実上、首相による総務大臣の更迭という訳ね。

かんぽの宿の売却額が不当に安すぎるなどとして、日本郵政の西川善文社長を鳩山邦夫総務相や野党がこれを追及し、西川社長の続投に反対していた。一方では、郵政民営化を支えた中川秀直元幹事長や菅義偉選対副委員長らがこれに反発といった具合で、麻生首相の決断が待たれていたところで、鳩山総務相の辞任が明らかになった。

今回の件に限らず、こういった問題が発生したときに、国民はいつも蚊帳の外で茶番劇を見させられているだけ、日本の議院内閣制って、ホント国民の意思が中途半端にしか反映されない制度だと思うね。

衆議院議員や参議院議員は、選挙で地域から選ばれて、その議員たちが国会で国民の代表として答弁するから民主主義の思想は反映されているとの考え方だけど、正直言って、以前から憲法を勉強していて、内閣のパートに来ると、いつも思うのだけど、あくまでも、善意解釈で内閣や各議院が機能した場合にしか、憲法理念が実現されることはないのよねと思ってしまうことだ。

ここで、伊藤塾塾長 伊藤真の著書「夢をかなえる勉強法」の一説を紹介する(178ページ以降の会話だけ引用し要約する)。

伊藤真さんが、ディスコで弁護士志望のアメリカ人ジャーナリストと知り合いになり、あるとき、その彼から質問を受けた。

ジャーナリスト 「日本の法で一番大切なものはなんだ。」

伊藤 真    「憲法だ。」

ジャーナリスト 「憲法で一番大切なことを一言で教えてくれ。」

伊藤 真    「基本的人権と国民主権と平和主義だ。」 

ジャーナリスト 「いや、三つはいらない。一つだけでいい。」

伊藤 真    「日本は三つなんだ。」

ジャーナリスト 「だからそのなかでいちばん大切なものは、要するに何なんだ。」

押し問答の後に

ジャーナリスト 「お前は憲法でいちばん大切なことを一言で言えないのか。それでも東大法学部の学生か。よくそれで日本人をやっているな。」

頭にきた伊藤真は、家に戻り、本を調べた。するとどの本にも「個人の尊重」と書いてあった。伊藤真には、それを覚えた記憶がまったくなかった。

このやり取りは、日本の学校における憲法学習が「憲法の三原則」を教えるだけで、憲法の本質を教えていないことを物語るいい話であるとわたしは思う。

アメリカ人は、自国憲法の章立てや内容を大まかに言える人が多いと聞いたことがある。

その反面で、日本は、戦争放棄を掲げる憲法を持っていながら、一番人権感覚が鈍い国民だと言われている。国連規約人権委員会から日本は勧告を受けているぐらい、恥ずかしい国なのだ。

わたしは、「夢をかなえる勉強法」のこのやり取りがいちばんこの本の中で意味があるものだと思っている。

だから、民意が反映されていない国の動きをみると日本人として絶望感すら覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税を12%に引き上げる前に正すべきものがあるのでは?

経済政策の指針となる『骨太の方針2009』の素案が、6月9日の経済財政諮問会議で示された。

その中で財政試算について、基礎的財政収支の赤字比率を10年以内に解消する目的で、消費税率を段階的に12%にまで引き上げる必要があると公表。

この素案を採用すると2118年度の基礎的財政収支は黒字化するという。

なんだろうね一体・・・

高速道路1000円、定額給付金などのばらまき補正予算の行き着く先は、やっぱり消費税の引き上げで取り返しということでした。

少子化、高齢社会、晩婚、失業、ニート、派遣切りなど経済失速の要素がたくさんあるところに更に消費税引き上げによる増税ですか?

これは、間違いなく経済が失速するね。

この国の政治は、どうかしてるよ!

天下りや渡りなんかで、税金を食いつぶしているのは、政治家や官僚、公務員でしょ!

消費税を引き上げる前に、この税金の無駄遣いを正すべきだろう。これを正せば、消費税率のアップ幅を抑えることができるのではないか?

あのバブル崩壊後に消費税を引き上げた故橋本龍太郎内閣の再来となるのでしょうかね?

バブル崩壊後、日本は不況に陥り、国庫財政が不健全となり、橋本内閣は消費税を増税して、税収を増そうと試みるも、元々バブル崩壊後の不景気下で、更に消費税増税を実施して、景気後退に拍車を掛けた。失われた10年と呼ばれる平成の約10年の長きに渡る大不況を招いた。この結果、銀行貸出債権の焦付きが増加し、不良債権処理は進まず、増税により消費低迷からデフレ傾向を招き、デフレが国民の平均所得を引き下げてしまった。そして、税収は増税前よりも減るといった悪循環を生じさせる結果となり、日本の政治政策史上に残る失策を招いた。

2%の消費税率引き上げでさえ、このあり様なのに、段階的とはいえ、その3倍以上の7%も引き上げて、一体この国をどうしようというのでしょう?

不況の影響とあいまって、貧困層が増えたこともあり、自殺者が3万人を超える現状なのに、これじゃ、消費税自殺なんてものが、冗談話では無くなってくるよ。

2008年の自殺者は、32,249人、このうち無職が18,279人(56.7%)にも及ぶのだ。消費税のおかげで、低所得者は間違いなく生活が制限されてくる。少ない年金で生活している高齢者が首がまわらず、自殺、孤独死がさらに増えるだろう。

中小企業では、消費税倒産がさらに増えるにちがいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートで感じる英語

Photoハートで感じる英語塾 英語の5原則編 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話) 大西 泰斗 (著)、 ポール・マクベイ (著)  \998円(税込) は、より英語感覚に近づき、英語を使いこなせるように英語の構造をちょっと変わったスタンスで説明しているものである。

学校で習うこまごました堅苦しい英文法ではないので、落ち着いて読める、苦痛なく読める本だ。

英語の構造をたった5つの原則で説明している(5文型じゃないよ)。

1.並べると説明

2.前から限定

3.足りないをおぎなう

4.不安定な感情

5.ときは距離

この5つの原則を図解、イラストや枠囲みを多用して、楽しく説明している。

英語を実用的に活用するために必要な文法事項を感覚的に捉えられるように再編成しているので、学生時代にしっかり英文法を勉強していると、違った視点で再確認できておもしろいよ。

そして、あまりにも基本過ぎて誰もが見過ごしている、単純すぎて文法書にも取り上げられていない英語の原則が、この5つの原則である、としている。

英語で一番大切な感覚は、配置していく感覚。

実際にお目にかかることがある例文と文法解説がたくさんあります。

本書の内容と例文は、全て身に付けておいて損はない。

本書で取り上げられている例文の音読は本書で説明されいることを体感できて効果があるよ。

馴染むまで、時折読み返すと良いよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

効果的なミーティングとは?

どこの会社でもミーティングは行われていると思うけど、ミーティングの効果的な進め方について、考えているかといえば、案外考えていなかったりするものだ。

とりあえず資料を準備して、会議室に集まって、一方的に役職者が話をして、部下に意見や何か良い考え方はないか?、という図式が目に浮かぶ。

そこで、ミーティングの進め方についてまとめてみる。

1.ミーティングの目的は、5つあります

①.意思決定する

考えたり話し合う上で必要な材料に基づき参加者で意見を交わし、決断に必要な情報を参加者と十分に共有した上で必要な決定をする。

②.問題解決する

具体的な問題や課題を取り上げる。事実関係や問題を引き起こしている原因を洗い出し、将来に向けての解決策を出す。

③.アイディアを出し合う

実現が可能かどうかに気をとられず、あらゆる可能性について自由な発想を促し、アイディアを制限なく出し合う。

④.評価する

終了したプロジェクトなどについて、事前に決めた評価基準をもとに、良かったこと、改善が必要なことなどを振り返り、今後に活かすために評価する。

⑤.情報共有する

顧客情報や営業進捗など、関係者が知っておくべき必要事項を共有する。

たとえば問題解決であれば、できるだけ具体的な事例を参考にした意見交換が求められるに対し、アイデア出しでは、可能性のあることをブレーンストーミングでたくさん出してもらう。

2.これらの目的を達成するためにミーティングが効果的に行われているかどうかのチェックリスト

□ 実施の目的が明確でない

□ 人が意見を言うと、必ずそれに対して批判的な指摘をする人がいる

□ 全般的に一人ひとりの話が長い

□ 同じ話が蒸し返される

□ 結論が出ないことが多い

□ 司会進行役のコントロールが強くて意見が出せない

□ 議題が用意されていない

□ 人数が多すぎて議論が成り立たない

上記のうち、3つ以上チェックがついたら、そのミーティングにはなんらかの改善が必要

3.ミーティングを効率よく進めていくためのポイント

(1).緊張を和らげる

仕事の調子を聞いたり、飲み物を用意するなど緊張を和らげる工夫も効果的。

(2).目標設定する

最初にミーティングの目的を明確にし、終了時に何を実現させたいのかを具体化する。最後に何を達成すべきかを最初に話しておくと、ミーティング中も意識を集中しやすい。

(3).現状を明確にする

いま起こっていることの情報共有をする(アイディアを出し合う場合でも、現状についての情報をたくさん共有すると効果的)。

(4).食い違いを明確にする

目指す方向と現状に起こっていることの食い違いは何かについて検討する。食い違いが見えてくると、次の行動への意識が向かいやすい。

(5).次の行動を決める

食い違いが明確になったら、それを埋めるために何を行うかについて検討する。何を、いつ、どのようにと具体的であるほどよい。

(6).評価する

ミーティングの最後を評価でしめること。最初の目標をどのくらい達成したかを検討する。この評価は、最後だけでなくミーティングの途中でも入れて良い。目標に向かっていない場合は軌道修正されていく。

(7).次のステップを決める

次回のミーティング日程やその後の進捗などを決める。

やっぱり、参加全員がミーティングの目的を明確に意識出来ていることが一番大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ通勤の普及実験(電動アシスト自転車通勤にポイント付与)

環境省は、マイカー通勤から自転車や公共交通機関の利用に転換する「エコ通勤」の効果を検証するため、2009年秋から民間企業などと連携して社会実験を始める。

環境省は、この実験を通じて、二酸化炭素(CO2)の排出削減につながる通勤スタイルの有効性をアピールしたい考えだ。エコ通勤が、温暖化対策に加えて都市部の渋滞緩和や企業にとっても従業員の健康増進、マイカー通勤手当の抑制につながるとみている。記者会見で「自動車単体の低公害化・低燃費化に加え、歩いてでも自転車でも暮らせてエネルギー消費の少ないコンパクトシティー化も促進したい」と説明している。

電動アシスト自転車で通勤する社員に対して、電動アシスト自転車を使った際にカロリー消費量やCO2排出削減量などを携帯電話で確認できる仕掛けを入れたり、自転車の利用頻度と距離に応じてポイントを獲得できるようにして、たまったポイントで旅行商品の割引が受けられる特典を付与することも検討するとのこと。

既に一部の企業では、営業用自動車の運行を減らして、電動アシスト自転車による営業活動を展開している。自動車の維持費の削減など経費削減のメリットが出ているようである。

ただ、自転車通勤といっても、自転車で移動できる範囲は限られてくるから、自転車通勤を適用できる従業員の数は、1企業あたりどのくらいの人数になるのだろうか?

自転車で会社に直接乗り入れる場合だとせいぜい会社から20キロ圏内に居住のある従業員がいいところなんじゃないかと思う。

自宅から最寄駅の間は、昔から自転車通勤という人は、たくさんいると思うけどね、電動アシスト自転車じゃ、盗難の心配しないといけないよなぁ、近所で自宅に置いていて、盗難にあったという話を耳にしたぐらいだから。

ちなみわたしは、片道10分駅まで歩きです。

少々話は変わるが、実は1978年(昭和53年)に、松下幸之助(松下電器産業、現パナソニックの創業者)の発案で、日本初の電動自転車が試作されているのだ。

松下幸之助と自転車は切っても切り離せない。それは彼が9歳から15歳のときに自転車問屋に丁稚奉公していて、そこで商売の基礎を学ぶとともに、カンテラ式の取り外し可能な自転車用電池ランプを販売したんだ。「ナショナル」の名称もこのときに生まれている。

松下幸之助にとって、自転車はある意味原点でもあるのだ。

試作自転車が1978年、それから31年経った今、電動アシスト自転車に注目が集まっている。松下幸之助の感性ってすごいなぁ、やっぱり・・・

【 補 足 】

環境省では、「京都議定書目標達成計画」にも位置付けられている通勤交通マネジメントに関し、モビリティ・マネジメント(MM)によるエコ通勤に取り組む企業等に対し社会実験の支援を行い、MM普及促進を図ることを目的とした「モビリティ・マネジメントによるエコ通勤社会実験」を2009年度(平成21年度)より新たに実施することとし、2009年度(平成21年度)政府予算に計上している。

モビリティ・マネジメント

モビリティ・マネジメント(Mobility Management、略称MM)とは、一人一人のモビリティ(移動)が社会的にも個人的にも望ましい方向に自発的に変化することを促すコミュニケーションを中心とした交通施策のこと。

エコ通勤

エコ通勤とは、マイカー通勤のような環境負荷の高い通勤手段から、公共交通機関や自転車など、より環境にやさしい通勤手段へと転換する取組みのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頭がいいのに成功できない?

ネット検索をしていたら、おもしろい記事を見つけたので、参考までに紹介します。

nozomu.net 吉田望事務所会社 代表取締役 吉田望氏)のブログで 「頭がいいのに成功できない10の理由」という記事(2007年2月26日)です。

読んでいて、「なるほどね!」と思わずうなずくところがありました。

6)と8)は要注意という感じがするなぁ。

この10の理由を反面教師にすれば、良いのかもしれませんね。

【 引用開始 】

知力・思考力に偏りすぎている人のことをこのエントリでは「頭のいい」人とします。
(人生において「真の意味で頭がいい」のは「意思」「感情」「知性」のバランスが取れていることです)

1) 頭のいい人は正解がない問題に弱い

学業は問題に正解がなければ「問題がおかしい」わけですが、現実社会の問題というのはその、まさに「おかしい問題」だらけ。しかも解法すらもない場合が多いのです。解答を探しているうちに、問題が自然消滅したり、人や状況が変わったり。あるいは単に耐える、時が解決するということだけが解決策である場合も多いのです。頭がいい人はそこで、正解を探しすぎて疲れてしまいます。

2) 頭のいい人は決断ができない

未来というのはあまりに不確定要素だらけで、知性や思考力だけでは判断しかねる存在です。多くの場合重要な決断や決定は、知性だけでなく意思、そして感情(特に社会的感情といわれる正義感、義務感、あるいは嫉妬心や虚栄心など)によって行われることが多いのです。知性が勝ちすぎる人は思考にたよって未来を知ろうとしすぎて、逆に決定不能になることがよくあります。

3) 頭のいい人は臆病になりがちである

つまるところ、私たちに結局成功をもたらすのは、天佑や僥倖・・・・運が最後自分に味方をしてくれたときだけといっても過言ではありません。「ほとんどの失敗は予測可能だが、ほとんどの成功は予測不可能な偶然の一押しによる」。この未来、なかでも未来の成功の持つ不確実性に直面したときに、知性はすくんでしまうのです。

4) 頭のいい人は「わからない人」の気持ちがわからない

これは文字通りです。感情家は人の感情がわかる、意思家は人の意思を統率できる。これらと比べて、知性による集団へのリーダーシップは大きな差が開いてしまうのです。

5) 頭のいい人はいざというときに徒党を組めない

徒党は結局義理人情。割に合わない貸し借りを長期続けると、人生としては得が生じることもある、という非合理的合理の論理です。しかし「非日常においていざ」というとき(例えば創業、起業、倒産、抗争)の仲間は人生の死活を分けるわけですが、彼らは普段の義理人情の交換によって育まれる場合も多いのです。

6) 頭のいい人は警戒される

意思が強い人、感情が豊かな人は人から嫌われることはあっても警戒はされません。しかし頭のよさ、というのは自分が思いもつかないことを思いついたり気がついたり。そういう魔術的な薄気味悪さがあるという点で、人の大いなる警戒を誘ってしまいます。

7) 頭のいい人は頭のいいひと同士の競争に巻き込まれやすい

点数がつく競争に強い人は結局のところ点数がつく競争が好きです。はっきりとした点数がつかない、曖昧ではあるものの実は有利な競争よりも、非常に厳しい競争相手がいて点数がつく競争を選んでしまいがちなのが、頭のいい人たちの悪癖です。

8) 頭のいい人は悪人に騙されて逃げられない

オウム真理教についていったエリートたちを思い浮かべてください。あるいはホリエモンに唯々諾々と従ったライブドアのエリート社員。(そして両者の共通点)頭がいい人の本質は大抵善人なのですが、彼らは直感よりも自分の知性に自信があるため、悪人に従ったという過去の現実を覆すことが難しく、普通の人たちよりもかえって騙された状態から脱却ができにくいのです。

9)頭のいい人は逆境に弱い

これはおそらく彼らが学業や就職で苦労せず順調に成功してきたことからくるのだと思います。もてようとしてもてない現実に直面している場合はまだまともですが、それすらも「俺がその気にもしなれば大抵の女はなびくはずだ」と思い込んでいたりすると、相当に逆境に弱い人生となってしまいます。

10) 頭のいい人は意思力や感情力が練習によって強化されることを知らない

頭がそれほどよくない人は、しょうがなく意志力や感情力を磨いてきたのだと思います。それらは知力同様生来の素質もあるけれど、努力や訓練、人とのコミュニケーションによって培われる能力のような気がします。ところが知力が高い人はそれを知りません。あるいは。そこまで多くの資質をもつと人からさらに嫉妬されることを厭って、意図せず訓練を怠るようになってきたのかもしれません。

ということで。
自分が「頭がいい」ことに自信があるかたは、上の10か条を時折参照されて人生励んでみてください。

【 引用終了 】

ところで、「頭がいい」ってよく言うけど、誰が「頭の良さ」を決めているんだろう?、「あいつは頭がいい!」というふうに周囲の意見が多ければ、そういうことになるのか?

わたしが思うに、自称で「頭がいい」と思っている人ももちろんいるかもしれないけど、結局、大小さまざまな劣等感を抱えている多数派が、自分たちよりも一歩、あるいは何歩か抜きん出ていると感じた相手に対して、「あいつは頭がいい」とか、「あいつは俺たちとは頭が違う」とかいって、勝手に被害妄想を抱いて差別化した結果として、「頭がいい」といわれる人が発生しているだけだと思う。頭がいいと言われた本人にしてみれば、意外と自分のことを頭がいいと思っていないケースが多いのだ。

頭がいいか、悪いかというくくりで比較しているのは、ナンセンスな気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無いよりはあったほうがいいネットワークの基礎知識 ②

無いよりはあったほうがいいネットワークの基礎知識 ①では、ネットワークの基礎知識を得るのに手頃なテキストとして、『世界でいちばん簡単なネットワークのe本[最新改訂版] ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本』 金城俊哉(著) 秀和システム ¥1365円(税込)について書いたけど、職場で比較的必要となる知識は、パソコンに対して、①.クライアントとしてのコンピュタ名の付与、②.IPアドレスの割り当て、③.ワークグループやドメインの割り当て、④.プロキシサーバーのアドレス設定など、インターネット接続共有型LANにパソコンを接続するための知識ということが多い(システム部門ではない人が理解しておけば良い知識はこの部分かも)。

E_2 このパソコンのインターネット接続とLAN接続の実際をうまく解説している本が、『世界でいちばん簡単なサーバーのe本[最新改訂版] サーバ構築の基本と考え方がわかる本』 金城俊哉(著) 秀和システム ¥1575円(税込)である。

サーバー構築の入門書として、Windows VistaやXPを使ったWebサーバー、メールサーバーの構築手順を、「Apache」や「ArGoSoft MailServer」などのフリー・ツールを使い丁寧に解説されている。

本文は、「ネットワークのe本」と同様に豊富なオールカラーの図解や可愛いイラストとともに、サーバー構築の基礎を感覚的、視覚的に理解できるようにしている。

サーバーを公開して運用したい人、会社のサーバー管理を任されてしまった人、サーバー構築に1度挫折した人などにおすすめの1冊。

「ネットワークのe本」「サーバーのe本」は、同じ著者による別個の本であるが、この2冊を読んでおけば、ネットワークとサーバの構築の基礎知識がセットで得られる。

わたしは、1996年(平成8年)頃に技術評論社などのLAN関連の本を読み、自分がパソコンを接続していく上では、不自由なく作業していたが、電話やメールのやり取りで他人に説明するとなると、まずは自分の頭の中に浮遊している知識が整理されている必要があると感じた。

そこでインターネット接続共有型LANに対する知識を整理しようと「サーバーのe本」を読んだ。

そして、同じ系統の本として、「ネットワークのe本」があることを知り、「ネットワークのe本」を読んだ。「サーバーのe本」の第2章に「ネットワークの基礎知識」がコンパクトに記載されているが、この第2章をさらに詳しく抜き出して書いた本が「ネットワークのe本」という感じである。 → 「ネットワークのe本」が先に出版されているのだけど、「サーバーのe本」を読んだ後に「ネットワークのe本」を読む流れでいくと、こう感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無いよりはあったほうがいいネットワークの基礎知識 ①

パソコンでインターネットやE-メールをやっているとネットワークについて、基本的な知識があったほうが良いのではないかと思わされる場面に出合うものだ。

会社では、ネットワークにパソコンを接続するために、IPアドレスの割り当てやコンピュタ名の付与、ワークグループやドメインの割り当てなどを自分がおこなうことがある。

ネットワークトラブルの発生が自分の所属部署ならその場で対処できるが、支店や営業所からの問い合わせで対応する場合は、自分のパソコンの画面を開きながら電話やメールを利用しての対応となる。(リモート対応ができる環境になっていないから)

こういった時に苦労するのは、対処をお願いした人に、LANなどのネットワークに関する知識が無いケースが多く、噛み砕いて、一段ずつ階段を昇るように説明をして、解決していくことだ。

「相手にも知識があったらなぁ」とよく思うものである。

システムエンジニアに必要とされるような高度な知識は必要ないが、パソコンの普通ユーザーにも、ネットワークに関する最低限の知識の標準ベースがあるような気がするのだ。

Eその一つの目安的な本として、最適的だと思っている本が、『世界でいちばん簡単なネットワークのe本[最新改訂版] ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本』 金城俊哉(著) 秀和システム ¥1365円(税込)である。

この本は、ネットワークとTCP/IPの仕組みと全体像を豊富なオールカラーの図解や可愛いイラストとともに、感覚的、視覚的にわかりやすく紹介した入門書である。

①.通信ケーブルを流れる電気信号の仕組み、②.パケットやプロトコル、データを遠くのコンピュータに届けるための仕組み、③.アプリケーションソフトの役割、④.インターネットの仕組み、⑤.ブロードバンドやWindowsネットワークの仕組みを可愛いキャラクターや4コマ漫画を使ってやさしく解説している。

章中には例題が、章末には練習問題が付いていて、ネットワーク関連用語が基礎から理解できるようになっている。

本書の特徴を書いたページのところに、「本書の目的は、たった1冊の本でコンピュータネットワークのエッセンスを提供することにあります。」とうたっている。

イラストが豊富で読みやすく、最後まで何度か繰り返して読めば、LANやインターネット、E-メールなどに対する知識の基礎を得ることができるよ!

【 関連記事 】 無いよりはあったほうがいいネットワークの基礎知識 ②

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ - 秋口以降の対策が重要かもしれない

新型インフルエンザが収束状態になったことから、職場のインフルエンザ対策が緩和された。会社として、職場内の「手洗い」と「うがい」の励行などは継続するものの、関西方面への出張自粛などが解除された。

食品メーカーの工場などでは、来客に対して、構内入場の際に、「手洗い」と消毒をお願いしたり、マスク等を着用していない納入業者の構内来場を認めないなどの対策を実行するなど、今回の新型インフルエンザでは、コンプライアンの視点もあいまって、対応に追われた会社が多いと思うが、これらの対応もひとまず解除されているといったところだ。

この春の新型インフルエンザが第1派だとすると秋口とも言われる第2派に対する対策のほうが、より重要だとする考えかたが主流だと考えたほうが良い。

【 ココログニュースの要約 】 2009年6月4日

世界の警戒は、すでに第2波に向けられている。第1波は、感染力は強いものの致死的なウイルスではなかった。しかし、第2波はそういうわけにはいかないかもしれない。各国で有識者が過去の事例を引き合いに注意を呼びかけている。7月から南半球は冬。今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザウイルスとともに南半球を回る。この新型インフルエンザウイルスが、再び北半球の冬に戻ってくるとき、どのような変異を遂げているのか?予測できないのが恐ろしいというのだ。

ウイルスは変異が激しく、容易に抗ウイルス薬に耐性ができたりする。第2波がタミフル耐性を持っていて、致死的になっていたら、ひとたまりもない。1957-1958年のアジア風邪のパンデミックでも、第1波よりも第2波のほうが被害は大きかったという。各国での警戒は、第2波に向かっている。

以上が、ココログニュースの内容であるが、パンデミックというと、1918年の「スペイン風邪」が頭に浮かぶ。

1999年2月22日のロイターの記事で、『「スペイン風邪」のウィルス遺伝子解読』という記事があった。

この記事では、①.スペイン風邪のウィルスが一般的な豚インフルエンザのウィルスに似通っていたこと②.鳥から豚に伝染し、豚の体内でより人間が感染しやすい性質に変わる過去には、春に弱いインフルエンザが発生し、その秋に豚のインフルエンザが発生、その後、人間の犠牲者を出すようなインフルエンザが流行するというパターンがあった、ということが記載されている。

【 ロイターの記事 】 『スペイン風邪』のウィルス遺伝子解読 1999年2月22日

ワシントン発2月15日(米国時間)に発表された報告によると、1918年に世界中で流行し、何千万人もの命を奪った、いわゆる『スペイン風邪』として知られる悪性のインフルエンザの犠牲者の凍死体や保存サンプルから、そのウィルスが一般的な豚インフルエンザのウィルスに似通っていたことがわかった。

この報告は、米軍病理学研究所の研究チームが『全米科学アカデミー紀要』に掲載したもの。問題のインフルエンザの流行で死亡した3人の組織サンプルから十分な遺伝学的材料が得られ、そのウィルスの中の核心的遺伝子をマッピングする(遺伝子配列を確認する)ことができたという。

「今日存在する型のウィルスで、1918年の配列に最も緊密な関係があるのはA/Sw/Iowa/30という最も古い典型的な型の豚インフルエンザだ」と、アン・リード氏とジェフリー・トーベンバーガー氏が率いる研究チームは書いている。

「1918年のインフルエンザの流行は特に深刻で、2000万人4000万人が命を落とした。若い健康な成人の死亡率が異常に高かった」

1918年のインフルエンザがなぜこれほど特殊で、そして致命的なものだったのかを解明しようと、研究者たちはずっと努力を続けてきた。

科学者たちの興味は、ウィルスの由来にもあった。それがわかれば、医者がインフルエンザへの最良の対処法を考える上で役に立つかもしれないからだ。しかし、1918年のインフルエンザの研究者にとって障害となっていたのは、1つには80年以上前に亡くなった人々から利用可能なサンプルを見つけることの困難さだった。

1998年、あるチームがノルウェーのスピッツベルゲン島に埋葬された遺体からサンプルを取り出そうとした。しかし、遺体は永久凍土層よりも表層に近いところに埋葬されており、有用な遺伝学的サンプルを得られる保存状態ではなかった。

米軍病理学研究所のチームは、アラスカのスーアード半島の永久凍土層に埋葬されていたイヌイットの遺体から採取したサンプルと、サウスカロライナ州のフォートジャクソンで亡くなった21歳の兵士とニューヨーク州のアプトン基地で亡くなった30歳の兵士のホルマリン保存された組織を使った。

彼らは、これらサンプルの血球凝集素からウィルスの全遺伝子のマッピングに成功した。血球凝集素とは、インフルエンザウィルスが細胞を感染させるときに使う蛋白質で、科学者はインフルエンザの型を確認する際にまずこれをチェックする。

インフルエンザは常時変異を続けるため、非常に厄介なウィルスとされている。科学者らは、このウィルスは鳥に由来し、ときに直接鳥から人間に広まると考えている。1997年に6人が亡くなり、香港でニワトリの大屠殺が行なわれるに至ったのはその一例。

もっとよくある形としては、鳥から豚に伝染し、豚の体内でより人間が感染しやすい性質に変わるというもの。

米軍病理学研究所のチームは、1918年のウィルスが鳥から直接人間に伝染したのか、まず豚が感染したのか、または人間から豚に伝染したのか、ということについては、まだはっきりしていないと述べている。(追記参照)

彼らの指摘によると、過去には、春に弱いインフルエンザが発生し、その秋に豚のインフルエンザが発生、その後、人間の犠牲者を出すようなインフルエンザが流行するというパターンがあったという。「このようなパターンは、1918年のインフルエンザが人間から豚に広まったという説を支持する」と研究チームは述べている。

(記事終了)

追記 【 産経新聞 】 2005年10月6日

1918(大正7)年に大流行し約5000万人が死亡したとされる「スペイン風邪」のウイルスが、97年以降に東南アジアなどで死者を出している鳥インフルエンザの「H5N1型」ウイルスとよく似た特徴を持っていることがわかった。米国の複数の研究機関の研究成果で、英科学誌「ネイチャー」(2005年10月6日号)と米科学誌「サイエンス」(7日号)に論文が掲載される。

研究に使われたスペイン風邪のウイルスは、大流行時に死亡した患者の肺の標本などから取り出した。

米軍病理研究所のグループは、スペイン風邪ウイルスの八つの遺伝子の塩基配列を解読し、このうち三つの遺伝子を既知のインフルエンザウイルスと比較。その結果、ヒトインフルエンザより鳥インフルエンザによく似ていた。

一般に鳥インフルエンザは人への感染力が低く、ブタの体内で人に感染する「新型ウイルス」ができるとされるが、研究グループは、スペイン風邪ウイルスや「H5N1」のようなタイプでは、ブタを介さなくても人への強い感染力を持つ可能性があることがわかった、としている。

一方、米疾病管理センターは、スペイン風邪ウイルスの八つの遺伝子を人工的につなぎ合わせて、生きたスペイン風邪ウイルスを再生。このウイルスは、ニワトリの受精卵やマウスに対し、鳥インフルエンザと同様の感染力を持つことを確認した。スペイン風邪ウイルスの遺伝子の一つを組み込んだウイルスは、人の細胞内で増殖力が強くなった。研究チームは、この遺伝子がスペイン風邪の強力な病原性にかかわっているとみている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直筆で読む「坊ちゃん」

Photo 夏目漱石の「坊ちゃん」を直筆原稿で読むことができる集英社新書ヴィジュアル版 『 直筆で読む「坊ちゃん」 夏目漱石 』 ¥1260円(税込) というのが出版されている。

漱石が四〇歳の時に三週間で書き上げたといわれる「坊っちやん」の直筆原稿を写真版で完全収録したもので、漱石が原稿用紙に書いたままの「肉筆」で書き始めから終わりまで、すべて読むことができる。

「直筆原稿復刻物」の出版物は、今までも研究者や一部マニアの間では流布していたものの、新書の形で登場するのは、この本が初めてとのことである。

小学校時代に、夏目漱石の「坊ちゃん」の他にも「吾輩は猫である」「三四郎」「草枕」「それから」などを文庫本で読んでいるが、この直筆本は、少々読みづらい。過去に文庫本で読んだ下地があっても、該当箇所を確認しながら読めば、なんとか読めるといった感じのものである。

ただ、凸版印刷された活字を読むのとは違い、原稿の写真ではあるものの、原稿用紙に書かれた「坊ちゃん」が読めるというのは、なんだか味わい深いものがある。歴史資料を読んでいる感覚に近い。

漱石自身の癖字もそのままだから、漱石ってこんな字を書いていたんだなということが判るし、活字の文庫本では、知ることができない原稿の誤字や修正箇所もそのまま残っているから、生々しい感じを味わえる。

「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている」という有名な書き出しから、ひらがなの「か」が特徴的な字でいきなり読みづらさを感じさせるカウンターパンチ!、「か」「可」の崩し字なのだ。それにしてもページの下が見事に注釈だらけです。

書家が見ると、マス目に1字ずつ収まっている漱石の原稿は達筆で読みやすいということいらしいけど、わたしは書家じゃない。だから、素直に読みづらい。

漱石の孫である夏目房之助氏も本書の解説で、「我慢して数ページ読んだが、すぐ挫折してしまった。印刷された小説は何度か読んでいるから、なんとか読めるかと思ったのだが、いかんせん「面白くない」のだ。まあ、面白がらせる字を書いているのではなく、読みやすく書いたのだろうから当たり前である。」と書いている。

直筆の原稿を読んでみて、凸版印刷の活字の読みやすさを改めて認識するというのも面白いものだ。

でも、最近の作家さんは、パソコンで原稿を執筆(入力)するから、原稿自体に読みづらさを感じるなんてことは、あまりないのだろうけど、直筆ではない原稿の資料的価値は?、となると、やはり、夏目漱石の原稿のように、直筆で書かれた原稿のほうが、後世に歴史的価値として残ると思う。テレビ番組「なんでも鑑定団」で、たまに作家の直筆原稿や手紙が登場するけど、やはり評価が高い。

歴史的な作家になるつもりなら、直筆原稿で、というところでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

スランプ克服の法則

Photo_2 「スランプ克服の法則」 岡本 浩一 (著) PHP新書 ¥756円(税込)は、「上達の法則」 岡本 浩一 (著) PHP新書をスタンプ克服の面から補完する著書である。

上達は、練習量や練習期間に比例して少しずつ進歩するものではなく、爆発的なスピードで伸びる反面、いくら練習してもいっこうに上達しない停滞期がある。

そして、スランプは、この停滞期を言うのではなく、練習量が落ちていないのに技能が後退する状態のことをいう。

記憶心理学と学習心理学に基づき、スランプの構造とスランプの克服方法を解いている。

(1)スランプの外的要因、そして、(2)認知トラブルに起因する内的要因を説明する前に認知に関わる記憶の仕組みを説明して、(3)内的要因を説明するというプロセスでスランプを分析して、(4)スランプ克服の方法論(①下位技能(基礎技能)のチェック、②ひな型トレーニング、③自己関与(やる気)を高める、④理論書の活用)を最後に提示している。

前著「上達の法則」の141ページの「自分のひな型をつくるプロセスに入る」の記述に呼応するひな型の内容が記述されているが、わたしは、展開図的なものをイメージしていたので、もう少し大きなひな型をイメージしていたが、実際は、小さなひな型の集まりのことをいっていて、「型の大きなひな型ではないのね」と思ってしまった。

本書の他の各論が、しっかりとまとまっているだけに、著者の言っている「自分のひな型」に関する記述にもう少しふくらみが欲しい感じがしたが、上達は小さな技術の積み重ねだから、小さなひな型で良いのかもしれないな。

新書版で、「上達」と「スランプ」をセットで論理的にまとめているものは、そうそう無いから良書だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上達の法則

Photo 「上達の法則―効率のよい努力を科学する」 岡本 浩一 (著)  PHP新書 ¥714円(税込)は、上達は単に鍛錬の量や時間だけで決まるものではなく、上達の法則という理にかなった鍛錬が効率の良い上達を生むとしている。

著者は、上達を極めた人と、そうでない人との違いについて、認知や記憶心理学などをベースに科学的に分析し、上達の法則は、「スキーマ(=枠組み認識)」「コード化(=思考における知識の言語化)」にあることを解いている。この理論から、独自の精密練習法やスランプ脱出法、特訓法なども紹介している。

「スキーマ」「コード化」が記憶の強化や上達する上で大事なことが良くわかります。

物事を究めていくステップをどのように踏んで行ったらいいか?ということについて、試行錯誤している人にとって、一定の方向を示してくれている。

暗記を軽視する学習要領について、危惧の念を抱いる著者の主張も良くわかります。わたし自身は「詰め込みこそ教育である」と思っています。

なぜなら、自分の中に「型」が出来上がっていなからこそ、自分の「型」を持つために、既存の定理既存の体系を詰め込んでいく教育が必要なのです。

何も無いところから「個性」は生まれてきません。人間は、物事を知れば、その知った事について、大なり小なり何がしかを考えるものです。

繰り返し学習で、基本定理や体系などの一定知識なり技術なりを身に着けたその先に発展(応用)として、形成されるものが「個性」だと思います。

そのような観点から見たときに、この「上達の法則」は参考になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最短学習法でも、ホントに最短? (英語)

Photo 「今度こそ本気で英語をモノにしたい人の最短学習法―通訳ガイドの実戦アドバイス」 祥伝社黄金文庫  志緒野 マリ (著) ¥570円(税込)で、言語習得の「5つの鍵」を示している。

「 5つの鍵 」

①.文法力がつけば、後は語彙だけの勝負で、ハイレベルな会話が可能

②.学習量の比率は、語彙4;文法3;読み聴きのインプット2;アウトプット訓練1

③.「精読」こそが、語彙のニュアンスも文法も、一石二鳥で吸収できる最良の方法

④.辞書をちゃんと読めば、ネイティブなしでも、正しい英語(発音も意味も使い方も)の95%が身につく

⑤.語学は、結局暗記である。覚えなければ、何も始まらない

著書の第3章に著者が23歳で通訳ガイドになるまでとその後について書かれているが、経過を見る限りでは、それ相応の期間と努力が積み重ねられている。

書名の「最短学習法」は、通常、私たちがイメージする「最短」のそれとはニュアンスが違う。

むしろ積み上げ学習の地道な努力が記されている。

著者自身の英語学習の経験則に基づいた視点で書かれており、特に基礎文法の習得に重点が置かれている。

私も文法書1冊完全主義で学生時代は勉強していたから、基礎文法の習得に重点が置かれている点は納得できる(タレントで東大文学部の三浦奈保子も自身のブログ「Naoko Miura Official Blog」byアメブロの記事いばらのみち2009-04-16)で文法書1冊主義であったことを書いている)。

また、志緒野さんは 「読めれば聴ける」し、「書ければ話せる」のだが、「読めても、書けない」「聴けても、話せない」のである。』とも書かれており、この点は、書くことからはじめる英語習得の記事の「蟹瀬誠一が教える 日本人だけが知らなかった英語上達法」 蟹瀬誠一(著)とも共通している点である。

英語は、「書ける」が大事ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »