« 優秀な部下は上司の誇り | トップページ | 緑茶は眠気を防ぐだけじゃなく、長生きにも効果がある »

仕事中の眠気 (糖分の摂取が返って、眠気と疲労を招く?)

仕事中に頭が、ボ~ッとして眠気に襲われた経験がある方は多いと思います。

「どうやら頭が疲れているようだ。ドリンクでも飲むか!」ということで、自動販売機で清涼飲料水を買って飲みました。

そして、席に戻り、また仕事を始めました。

しばらくすると、さっきの眠気より更に強烈な眠気に襲われ、大あくび。

「あれ、頭の疲れをとるために甘いもの摂ったのに、なんで?、寝不足だったかなぁ?」、なんて堂々巡りをしている。

疲れを取るのに、糖分摂取が良いなんて言いますが、適度に摂らないと返って糖分が眠気を呼ぶ原因となってしまいます。

なぜ、糖分の摂りすぎで眠気が起こるのか?

スポーツ飲料などの清涼飲料水をまるまる1本飲むと糖分を過剰に摂取することになります。

だって、もともとスポーツの最中やその後に飲むものですから、動きの少ないデスクワークで飲んだら糖分の摂りすぎになりますよね。

すると糖分を分解するために、膵臓インシュリン分泌機能が極端に促進され、必要以上にインシュリンが分泌されます。

インシュリンが必要以上に分泌されることで、低血糖状態となり、眠気疲れ集中力の低下が発生します。

清涼飲料水などを飲んで、頻繁に糖分を摂っていると、低血糖にしようと膵臓が頑張ってしまうため、膵臓が慢性疲労を起こして、血糖の調節機能がうまく働かない状態になります。

膵臓の慢性疲労状態が続けば、ひどい肩こり頭痛慢性疲労睡眠障害などに悩まされるようなケースもでてきます。

なので、スポーツ飲料などの清涼飲料水よりも、「緑茶」を飲んだ方が、眠気改善のため、健康のためには良いのです。ちなみに、私は、緑茶(冷茶)を最低でも1日1リット飲んでいます。

|

« 優秀な部下は上司の誇り | トップページ | 緑茶は眠気を防ぐだけじゃなく、長生きにも効果がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントへの返しありがとうございましたm(__)m
糖分を取ると眠くなるんですか。
それではポカリスエットやコーラのみならず、飴やケーキ、フルーツもダメってことなんですね。
知りませんでした。肉類やごはんは眠くなると意識してましたが、甘いものは逆に疲れた時にはいいんだと思い込んでました。
これからはミネラルウォーターにしようと思います。

投稿: チェーホフスカヤ | 2009年5月27日 (水) 10時43分

参考ページ : http://1.yumedia.net/252_1.html

【記事抜粋】

この低血糖の初期症状は、空腹感。思考力、集中力の低下、あくびなどがあり、これが進むと、眠気や脱力感、倦怠感目のかすみなどの症状が現れ、さらに頭痛やめまい、冷汗を伴い、重度になると痙攣や昏睡状態にまで陥ってしまいます。
(中略)
そして、驚くことにこの低血糖は、甘いお菓子や飲料、糖分の取り過ぎによって起こると言われています。

この原因は、インスリンの異常作用にあります。
カロリーや糖分の取り過ぎで、身体が正常な判断を行えなくなり、以上に血糖値を下げるインスリンの活動を活発にしてしまうのです。その為、低血糖を招きます。

投稿: トシ(ブログ作成者) | 2009年5月28日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/29809599

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事中の眠気 (糖分の摂取が返って、眠気と疲労を招く?):

« 優秀な部下は上司の誇り | トップページ | 緑茶は眠気を防ぐだけじゃなく、長生きにも効果がある »