« 『この木なん木、気になる木』から『iPod』まで | トップページ | 『自尊心』と『プライド』の違い »

定額給付金、税金の正しい使われ方とは何ぞや!

2008年(平成20年)10月30日に、日本の経済対策の一環として政府から発表された定額給付金の申請書が役所から送られてきた。

結局、定額給付金は、定額減税を振り替えたような、いわば税金の還付だから、国民が働いて納めた税金を国が給付(還付)するというのなら、国民は貰っておいた方が良いのは、ある意味当然だと思う。

定額給付金の経済効果って、あんまり無いような気がするのは、気のせいか?

給付金の類で経済効果が目に見えて上がったという話は聞いたことがない。

結局、国のあらゆる給付は、国民が納めた税金が元手になって、色々な名目に振り分けられているだけなんだよな。

国が、何らかの営利活動をして、生み出した利益を国民生活に還元している訳ではないから、給付金と言われても、国民はどうもシックリこないのだ。

これなら、定額減税で、年末調整なり、確定申告なりで、税金を還付してもらった方がスッキリした気分になれると思えてしまう感覚をもつのは間違いなんだろうか?

国が何らかの営利活動をしても、彼らには、経営の才覚がない(銭を稼ぐという意味での働く本当の苦労を知らない)から、法律によって、国民から吸い上げた税金という財源の重みを考えずに、税金を事業に投入しても生み出されるのは、負債ばかりということになるんだと思う(大きな箱物施設を作って、毎年累積大赤字なんてざらだよね、報道の通りで・・・)。

公務員の給料、退職金(俸給・手当・恩給)は、私たち企業人のように自ら汗水して働いて得た利益から支払われる給料とは、性質が異なる。あくまでも税金なのだ。

彼らが勤務する庁舎、使う机、イス、筆記用具、そして、普段の生活費(衣服、食費、子の養育費)など、あらゆる支出は、国民が納めた税金から捻出されているのだ。

税金が、彼らが汗水して働いて得た本物の利益ではない以上、政治家、官僚、公務員の訳のわからない無駄使いをやめて欲しいというのは、一般国民として、ごく当たり前の感情だと思う。

日本経済の底上げは、国民の底辺層を引き上げ、中流意識が持てる施策を打つことではないだろうか?

また、内需拡大のための施策を打つことが必要なんじゃないか?

これらのことをしない限り、日本経済は、海外景気の影響をただ受けるだけの腑抜けな経済で浮上しないと思う。

まずは、税金の無駄遣いを性根から改め、国民生活を豊かにするための施策、日本の建て直しを真剣に取り組む施策を考えて欲しい。

お役人さん、本当に、国民の幸せ、自国の再建を性根から考え直さないと国自体がまわらなくなりますよ。

|

« 『この木なん木、気になる木』から『iPod』まで | トップページ | 『自尊心』と『プライド』の違い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/29202210

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金、税金の正しい使われ方とは何ぞや!:

« 『この木なん木、気になる木』から『iPod』まで | トップページ | 『自尊心』と『プライド』の違い »