« 道は無限にある | トップページ | 前向きな自己暗示はある意味大切 »

80対20の法則

80対20の法則というパレートの法則を聞いたことがある人も多いと思うのだけど、

例えば、

・売上げの80%は、全顧客の20%が生み出している。

・都市の交通量の80%は、都市全体の道路の20%に集中している。

・仕事の成果の80%は、費やした時間全体のうちの20%の時間で生み出している。

・故障の80%は、全部品のうち20%に原因がある。

など、すごくシンプルだけど、あらゆる分野に応用できる黄金の法則

この法則を使えば、いままでより少ない努力で、いままでより大きな成果、利益をあげることができるという考え方。

確かにわかるよ、この考え方。

でも、結果を分析してみたら、おおよそパレートの法則が妥当するケースが多いということであって、最初から結果の80%をもたらしている重要な20%のファクターが何なのかなんて判断できないんだ。

経験を積み重ねた結果として、重要なファクターとそうでないファクターが判るようになり、その中でも特に重要な20%のファクターが何なのか?が判断できるようになる訳。

だから、パレートの法則は、シンプルな考え方なんだけど、それは、私たちが分析された結果を見ているからシンプルに感じるだけで、類似案件や過去に実績として事例があるような案件でなければ、即効性が期待できないことが多いのね。

新たな分野に最初からパレートの法則を適用するなんて、推測でしかできないの。

どうしても実務ではサンプリングを経る必要があるんです。

そして、分析して得た結果をプラスになるように活用することが大事なんだ。

分析して判った重要な20%のファクターに努力を集中すれば、80%の結果が得られやすくなるということなのです。

|

« 道は無限にある | トップページ | 前向きな自己暗示はある意味大切 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199923/29260344

この記事へのトラックバック一覧です: 80対20の法則:

« 道は無限にある | トップページ | 前向きな自己暗示はある意味大切 »